1インチとは、本当に1インチだろうか?そうだと思うのが普通だが、答えはノーだ。

ゴルフ業界では、1インチは正確な1インチではない。もっと言えば、角度の1°も正確な1°ではない。15°のロフト角、これはさすがに固定値ではないか?そう思うかもしれないが、過去には、15°といえば、13°から17°までを意味したこともある。ゴルフ以外の世界で絶対とされている数値の測定精度は、ゴルフ業界では度々、あまり参考にならない。

スペック表を見れば分かることもあるが、安定的かつ正確に計測するまで、自分がどんなスペックのクラブを振っているのかを正しく知るのは難しい。

ツールが多いほど、データも多い

昨年、MyGolfSpyはゴルフ用品測定機器において業界トップの、Golf Mechanixとパートナーシップを結んだ。

新しい測定機器、Digital Swing Weight Scale(デジタルスウィングウェイト)やLie&Loft Gauge(ライ&ロフトゲージ)、USGA Standard Rular(USGAスタンダードルーラー)を使って、テストクラブをもっと詳細に調べることができるようになった。

テスト範囲を拡大し続けるにあたり、表示スペックや実際のスペックと、パフォーマンスにおける効果の相関性をより理解する必要性が出てきた。

データ

下の表は、2017 MOST WANTED(最も欲しいフェアウェイウッドテスト)で対象になったフェアウェイウッドを測定した値である。信憑性を図るため、私達のテストで測定された値とメーカーが提供する規定スペックの両方を表示した。

データに触れる前に、いくつか考察すべき点がある。

・どのメーカーにも、許容誤差はある。クラブは以前よりは設計書に近づけて造られるようになってはいるが、メーカーはロフトやライ角において0.5°もしくはそれ以上、ヘッド重量では数グラムの余地を残して製造する。

・規格上のロフトと実際のロフトの違いは、しばしば意図的に作られる。虚栄のロフト(クラブに表示される値より大きめのロフトで製造すること)は、本来より小さいロフト角でプレーしたいというゴルファーによくある自意識を回避する目的で意図的に行われている。

・ほとんどの場合、スペックとクラブ長は各メーカーがどのように計測するかによって変わる。一部のメーカーは、USGA-standard 60°rulersを使用しているが、使用しないメーカーもある。また、グリップを装着する前に測定する会社もあれば、ソールからグリップの先端まで測る会社もある。実際、どのように仕上がり43インチのフェアウェイウッドの長さを計測すべきか、といった基準に関する協定は存在しない。

注意:

*AirForceOneとSMTはスウィングウェートを明確にしていない。

*接着材で設置されたホーゼルを特徴とするヘッドに関しては、ヘッドと別々に測定していない。

*シャフトは1/8インチ単位まで測定されている。

*SMT 455F(C SwingWight)以外の全てのスウィングウェートはDの範囲である。

 

考察

・ヘッド重量は、平均で209.3グラムだった。

・ミズノJPX900(206.7g)は計測した中では最も軽い。

・テーラーメイドM1 '17(214.1g)が最も重い。

・実測クラブ長の平均は42.93インチだった。(スペックの平均は43.02インチ)

・AirForceOne DFXの実測クラブ長は、スペックより0.5インチ短い。

・16本のフェアウェイウッドの内、9本の実測値がスペックに一致した。

・最も長いフェアウェイウッド(43.125インチ)には、キャロウェイBig Bertha EPIC、スリクソンZ F65、テーラーメイド M1/M2が含まれる。

・最も短いフェアウェイウッド(42.50インチ)は、AirForceOne DFXであった。

・この測定から分かるのは、意図的な操作によるロフト角の差異は最小限に留まったということだ。平均表示ロフト角は14.9°、平均測定ロフト角は14.8°である。

・測定スウィングウェートもまたスペックと比べて、差異が小さかった。

・平均表示スウィングウェートがD2.2のところ、平均測定スウィングウェートはD2.5を示した。

・ほとんどの測定スウィングウェートがスペック表示より重かった。

・キャロウェイBig Bertha EPICとCobra KING F7のスイングウェイトは、スペックから1ポイント離れていた(EPICは1ポイント重く、F7は1ポイント軽い)。

・総重量に影響を与える要素は多く(ヘッド、ティップアダプター、シャフト、グリップ、接着剤、エポキシ樹脂)、大きな差異が生まれやすい。

ゴルファーにとっての意味

実際の差異と、これらがどうプレーに影響するのかを理解することは大変重要である。全テスト平均を見ると、差異は最小限に留まっているが、個々の値を見ると、これらは明らかにパフォーマンスにおける差を生んでいる。残念なことに、何が示されようとも正しい答えはない。全てのゴルファーにぴったり合う長さ、ロフト角、スウィングウェートはないのだ。私たちは、程度の差こそあれ、みんな違う。自分のスウィングの特徴に合った変数の組み合わせを見つけられれば、それが一番の結果を生むのだ。

 

使用ツール

この記事の測定のため、GolfMechanixから以下のツールを使用した。

• Auditor Professional Digital Swing Weight Scale

• Auditor Ultimate Digital Lie & Loft Measuring Gauge

• Deep Throat Club Length Ruler with Lie Angle Gauge

Shares 0