ゴルファーにとって、良いドライバーの条件とはなんだろう。ゴルファーがスイングを測定した場合、どの項目の数値がクラブの性能にどう影響するのだろうか?

私たちはテストのデータ量を増やすために、テスターを35人に増員し、1万回以上のショットの結果を収集した。テストで使用した25本のドライバーの測定結果を詳しく知ることで、クラブを選ぶ際の選択肢を絞り込むことができる。店頭で既製品を買う人、自分で微調整をする人、知識が豊富なプロのフィッターに相談する人など、すべてのゴルファーに役立つ情報だ。

過去のテストと同様、すべてのゴルファーに少しでも有意義な情報を提供するために、今回もテスト結果を細分化した。ドライバーのテスト結果は3つのヘッドスピードに分類されている。今回は46.9m/s以上の高スイングスピードのゴルファーに向けたデータをお届けする。

「Most Wanted Driver」のテスト結果は、全体的にわずかな差しか表れなかったが、高ヘッドスピードのテスト結果においては、最長と最短の飛距離の差は16ヤードと大きな差となった。

高度な分析

データは重要だ。特に自分に合うクラブを探している時には重要な意味を持つ。合うクラブを選択するという最大の課題に取り組むため、1対1で比較された多くのデータを利用して問題を解決したいと思う。

すべてのテストは、バージニア州にある完全に独立したテスト施設内で行われた。一貫性を保ち、不確定さを減らすために、テスター全員がブリヂストン ツアーB-RX ボールを使用した。ボールとヘッドのデータは、フォーサイトスポーツのGC Quad(GCクワッド)という弾道解析機を使って収集され、「Most Wanted」のランキングにも使われる独自の方法で分析した。ドライバーカテゴリーのトップを決める、最も包括的なテストを行ったのだ。

性能の順位決定方法

私たちは、毎年テスト方法を改善するために努力しているが、2018年は、「統計学的有意性」という新たな構成要素を加えた。「Most Wanted」のランキング勝者は、ドライビングショットのストローク(Stroke Gained Driving)に基づく数値の統計でトップグループに選ばれたクラブである。これと区別するために、今回の最終的なランキングを「TRUE Rank」と呼ぶことにする。TRUE Rankの測定基準には、統計的な順位に加え、各クラブを選んだゴルファーの割合も含まれている。

総合的な性能を構成している各項目の詳細を知りたい人のために、クラブのスピード、飛距離(トータルヤードとキャリー)、ショットの正確性(センターからどの程度左右に離れたか)などの情報も併載しておく。

※「BALL SPEED 」 は時速マイルで表示されており、秒速メートルでは 68.1m/sとなる。

 

※「BALL SPEED 」 は時速マイルで表示されており、秒速メートルでは 69.6m/sとなる。

 

※「BALL SPEED 」 は時速マイルで表示されており、秒速メートルでは 69.0m/sとなる。

 

※「BALL SPEED 」 は時速マイルで表示されており、秒速メートルでは 69.2m/sとなる。

 

※「BALL SPEED 」 は時速マイルで表示されており、秒速メートルでは 68.6m/sとなる。

 

Shares 0