「CONCEPT Xは、デュアルゾーン振動軽減システムと革新的なネック形状を特徴とし、これまでの限界を超えた高い慣性モーメントを実現した、高品質かつ実験的なプロトタイプモデルだ。」

 

さあ、家にある小銭を全部集めて銀行口座に入れておこう。

一体何のことかと思う人もいるだろうが、パター好きならこれが「新しいスコッティ・キャメロンの発売が近い」ことを意味すると分かるだろう。

今日、スコッティ・キャメロンは2つの新しいConcept Xモデル、CX-01/CX-02を発表した。 特徴は、翼の生えたブレードパターだという。

もう一度言おう。「翼の生えたブレードパター」だ。

 

Concept Xは、伝統的なNewport 2に高いMOI(慣性モーメント)を融合させたモデルで、コンセプトとしては堅実で気高い。 とはいえ、ブレード特有のツヤを残した、翼の生えたブレードパターなど望まない人もいるだろう。

このアイデアを出したのはキャメロンが最初ではなく、過去にも高いMOIのブレードパターはあったが、はっきり言ってそのほとんどは格好が悪く、使ってみようという気持ちにはなれなかった。

Concept Xは、ブレードとマレットを適正に融合した最初のモデルになるだろうか?それとも、また「鳴かず飛ばず」に終わるだろうか?

 

「翼の生えた」ブレードパター

「各モデルはアドレス時に芝に溶け込む、高MOIを生み出す『翼』を特徴としている。これによって、さらに安定性とやさしさが増す。」

「誇張」はスコッティ・キャメロンの十八番だ。私は奇をてらったデザインを馬鹿にする人たちを気にしないキャメロンの姿勢が好きだが、「芝に溶け込む」は、本気で言っているのだろうか?

誤解しないでほしいのだが、私はキャメロンの独創なデザインの大ファンだ。 Futura Xは今でも私のお気に入りのマレットの1つで、今日までに何度かラウンドで使ってきた素晴らしいパターだが、「芝に溶け込む」ことはない。

「芝に溶け込む」かどうかは別として、この「翼」は期待通りの働きをしてくれる。 ヘッドの中心に軽い材料を使い、「翼」を生やしたことで、キャメロンはパターのMOIを高めることに成功した。 MOIの向上はスイング中のパターの安定性を高め、少なくとも一貫性のあるパッティングには役立つ。

役に立つとしても、「芝に溶け込む」かどうかは重要だろうか?

 

その他の特徴

2つの革新的なネック形状:

・CX-01は、Newport 2のようなオフセットとトゥハングが1本のシャフトで同時にできる、配管のような「ナックルネック」が特徴。

・CX-02の「ジョイントネック」は、大き目の円軌道を描くスイング(ストロングアーク)の人向けで、トゥハングがより大きい。

 

デュアルゾーン振動軽減チャンバー:

・アルミニウムインサートはボディを軽量にするだけでなく、良い打音と振動の軽減にも役立つ。

 

工業デザインによって洗練された仕上げ:

ボディには新しい「ステルスグレー」仕上げが施され、インサートの色は陽極酸化処理された黒だ。 興味深いのは、ツアードットに仕上げがされていないことだ。 ステンレスにドットが彫られているが、削りっぱなしでは錆びやすいのではないかと思う。

 

CONCEPT Xは間もなく発売

スコッティ・キャメロンの新しいConcept Xモデルは、8月31日に599ドル(最低価格)で北米のゴルフショップに並ぶ予定だ。

ところで、なぜ私があなたに小銭を集めるよう言ったのか、不思議に思っているだろう。 北米以外の人は、地元の店にこれが並ぶのに9月28日まで待つ必要があるからだ。

600ドルという価格に加えて、この発売のタイミングはかなり興味深い。

私たちのところには、タイトリストの2代目のConcept シリーズについて、かなり前から情報が入ってきていた。 ドライバーとアイアンに加えて、新しいラインナップにはウェッジとパターが入る可能性があるということだったので、 パターはキャメロン仕込みの独特な形状になるのではないかと思っていた。

デザイン、価格、限定かどうか、そしてもちろん名前そのものは、そのラインナップの一部として作られたことを示す。 最終的にConceptシリーズが完成すると思うが、そのときはJPウェッジがシリーズの中で最も注目されることになるだろう。

Concept Xパターの第一印象はどうだろうか?

スコッティ・キャメロンは、パターで次の大きな一手を考えてきたのだろうか?

「翼」は本当に芝に溶け込むだろうか?

しかしもっと重要なのは、あなたがこのパターを試してみたいと思うかどうか、だろう。

Shares 0