イーブンロールが「ER2ミッドブレード」 “ブラックバージョン”を発表した。

このパターは、所有感を沸き立たせる(今年始めにリリースしたER5ブラックと同じく)ブラックアーマー仕上げとブラックシャフト、グリップ、ヘッドカバーが特徴だ。

イーブンロール,ER2,ミッドブレード,ブラックバージョン  

ただ美しいだけでなく、MyGolfSpyの2017年“Most Wanted Blade”で頂点に輝いたヒール・トゥ・ウェイトのワイドフランジのブレードを採用している。

最終仕上げ前には303ステンレスチールにCNCミルド加工を施し、カリフォルニア州カールスバッドで、人の手によって仕上げを行っている。

イーブンロールパターの真髄と言えば、革新的な「スイートフェース」テクノロジーで、ツアープロから人気に火が付いた。

その特徴的な放物線状のミーリングにより、距離感と正確性が改善されパフォーマンスが向上する。

イーブンロールによれば「バラツキのなさ、そして類を見ない正確性を実現するためパターフェース全体で均一のパフォーマンスをもたらす」という。

イーブンロールは、2016年の同パター発売以来、毎年実施されるMyGolfSpyの“Most Wanted”テストでコンスタントに最上級のパフォーマンスを発揮しており、「ER2」「ER3」「ER7」「ER8」のパターは全て2017年と18年の“Most Wanted”に輝いている。

 

 

イーブンロール,ER2,ミッドブレード,ブラックバージョン

 

価格と発売時期、スペック

「ER2B」は米国の大手販売店で7月4日から発売され、世界では8月に発売を予定している。

長さは33、34、35インチがラインナップされ、メーカー小売希望価格は369ドルとなっている。

 
Shares 0