※上の写真は「Epic Flash」。

 

インスタグラムでもまだ写真はほとんど出ていないはずだ。だがUSGAが新しいドライバーを適合と認めれば、発売は近い。Rogueが発売されてから1年近く経っていることを考えると、ゴルフ用品にあまり興味がない人でもキャロウェイから新製品が出ることは予想できるだろう。

キャロウェイは、2019年にEpic FlashとEpic Flash Sub Zeroドライバーをリリースする予定だ。まだ決定的な証拠はない(少なくともUSGAからの情報ではない)が、先に進もう。私はEpic Flash Drawが続けて発売されると思っているし、Epic Flash Starの可能性も否定しない(これはあまり自信がないが)。

※上の写真は「Epic Flash Sub Zero Ver.1」。

 

キャロウェイはテクノロジーについてまだ情報を公開していないが、最も分かりやすい特徴は、Epic Flash/Sub Zeroのどちらにもソール後方にスライディングウェイトシステムが設置されていることだ。 我々はドロー/フェードの設定に精通しているが、このタイプのシステムでは、重心位置をゴルファーのインパクトの位置に近づけることができる。 あなたがトゥ寄りで打つ傾向がある場合、フェード設定にすることでボールスピードを上げることができるだろう。ヒール寄りなら、ドロー設定が有効だ。

すべてのモデルが現在のキャロウェイの代名詞である「ジェイルブレイク」テクノロジーを搭載することになりそうだが、今回もSub Zeroは前重心化によって、他モデルとの差別化を図っている。今回のSub Zeroの外観からすると、スイングウェイトなどの調整を目的とした追加ウェイトが使えるように見えるが、重心を前後に調整する機能はないようだ。

キャロウェイではいつものことだが、3モデルをUSGAに申請しクリアした。 ただし、そのうち2つはツアー専用モデルだと考えるのが妥当で、今のところは他のモデルについては気にする必要はないだろう。

※上の写真は「Epic Flash Sub Zero Ver.2」。

 

価格と発売日

最近の動向を踏まえれば、キャロウェイはここ2~3週間でEpic FlashをSNSで発表するのではないかと思う。発売日はPGAショーの後になるはずなので、1月下旬から2月初旬あたりだろう。

価格は500ドル以上になると考えている。550ドルあたりが妥当な線だろうか。 高いと思うかもしれないが、タイトリストやウィルソンの傾向を踏まえると、2019年は全体的に小売価格が上昇する可能性が高い。テーラーメイドでも、2019年モデル(のうち少なくとも1つ)は500ドルの壁を超えると見られている。

新しい情報が入り次第、シェアしよう。

※上の写真は「Epic Flash Sub Zero Ver.3」。

Shares 0