これを先週の記事の補足だと思ってほしい。 間もなく発売されるキャロウェイ Rogueのドローバージョン(ヒール部分にウェイトを装着)がUSGAの適合リストに追加された。

このまま行けば、キャロウェイの2018年のドライバーは3モデルになるということだ。 製品を発売しすぎるとの声が少し増えそうだが、弾道補正(アンチスライス)を必要とする人向けのこのドローバイアスモデルを含め、ウェイトをスライドできる機能がないことは、実は非常に意味がある。

この時点で、私たちはRogueがEpicよりも安い価格になると予想している。 マーケティング戦略はまだ明らかになっていないが、キャロウェイはソーシャルメディアに対して少しづつ情報を出し始めている。

 

これまで得た情報を鑑みると、フェアウェイウッドとハイブリッド(ユーティリティー)はRogueシリーズのストーリーにおいて重要な役割を担うことになるだろう。このアプローチでドライバーのマーケティングがおろそかになるとは思わないが、きっとキャロウェイは、フェアウェイウッドの競争力でドライバーの販売を加速するRocketBallzのようなアプローチを選択することになるだろう。それが、旗艦モデルであるEpicの裏年に発売される、このRogueドライバーをヒットさせる戦法になるかもしれない。

 

真実は、間もなく明らかになる。

Shares 0