ルイ・ウーストハイゼンが、インスタグラムにピンiBladeの後継モデルと思われる新モデルの写真を投稿した。

「Blueprint」というネーミングからして、少なくとも現段階では新作は現行のG700やi500アイアンと同じ構造を採用すると思われる。

注目すべきは、新モデルのデザインが最近のピンの「シンプル」「モダン」というトレンドを継承していることだ。

 

コンパクトで「伝統っぽさ」を漂わせる形状ではあるが、トゥ部分にあるカスタムチューニングポートによって中空構造ということがわかる。つまり、典型的なマッスルバックアイアンに比べて、やさしさは増しているはずだ。ヘッドには「Forged」の刻印があるが、ボディー全体がフォージドなのか、フェースだけなのかはまだわからない。

PING BLUEPRINT

本当にプロトタイプなのかどうかはわからないが、新アイアンの設計はかなり進んでいるようだ。通常だと、ピンは真夏かPGAショー(1月下旬)の頃に商品をリリースする。iBladeが新モデルに切り替わるタイミングでもあり、1月には新作アイアンの詳しい情報が入ってくるだろう。

PING BLUEPRINT

写真を見て、どう思っただろうか?

使ってみたいブレードアイアンだろうか?

Shares 0