革新的な進化をあなたは見たいだろうか…?

ピンのグライド 2.0 ステルスウェッジは、2018年初頭に発売されるやいなや評判を呼び、同年の『MOST WANTED ウェッジ』の1位に輝いた。

2.0 ステルスモデルは、2017年初頭に発売されたオリジナルのグライド 2.0の完全アップグレード版というよりは、ちょっとした修正を加えた改良版といった位置づけだった。

しかし定義がなんであろうと、素晴らしい製品であったことは間違いないが、そのグライド 2.0 ステルスも1年半で終了する。

あなたなら、再販を期待するだろうか?

ゴルファーのためにも、失敗は許されない。

ピンは、より低い打ち出し角、より多いスピン量、より良いフィーリングのウェッジを作るために革命を起こしたという。

確かに、オリジナルのグライド 2.0と比べると、新しいグライド 3.0は革新的といえる。

ただし、それはあくまで2.0 ステルスの存在がなければの話だ。2.0ステルスと比べた場合、進化よりアップグレードの呼び名がふさわしいだろう。

ピン,グライド 3.0,ウェッジ
 

滑るソールのストライド

ピンのプレスリリースによるとグライド3.0は会心の作品だという。

なにが新しくなったのか早速見てみよう。

まず、カラーはブラックではない。2.0 ステルスはQPQ仕上げ(ステルスなだけに目立たぬよう)だったが、新しいグライド 3.0はオリジナルの2.0と同じく、疎水性の高いハイドロパールクローム仕上げを採用している。

また、フェースもオリジナルの2.0と同じ431ステンレススチールだ。

ちなみにステルスモデルは8620カーボンスチールだった。打感に影響があるのではと思う人もいるだろうが、そこはちゃんと考えられているそうなのでご安心を。

ピン,グライド 3.0,ウェッジ

また、2.0では4種類のソール形状から選ぶことができた。シンソール(ローバウンス)、スタンダードソール(ミッドバウンス)、ワイドソール(ハイバウンス)そしていわゆるEYEソールだ。

EYEソールは昔ながらのピン・スタイルのソール形状で、ロフト角は54度から60度まで、バウンス角は8度で、バンカーで威力を発揮するウェッジだ。

新しい3.0もほぼ同じ布陣だが、EYEソールの呼び名はEYE2に変わった。ピンのクラシックモデル、40年前のEYE2アイアンのハイトゥ形状を継承しており、やはりバンカーショットに最適なデザインだ。

ピンの特許製法、ホイールカット溝も健在。また究極のスピン性能を誇る2.0ステルス同様、リーディングエッジ近くに1本の溝が追加された。

ピン,グライド 3.0,ウェッジ



 

打感について

グライド 2.0とグライド 2.0ステルスの最も大きな違いは素材だった。

2.0は431ステンレススチール、ステルスは8620カーボンスチール。ステルスは見た目も打感も高評価で、かたやオリジナルの2.0については打感に疑問符をつけるゴルファーが多かった。

グライド 3.0も431ステンレスを採用したが、今回ピンはi210アイアンをお手本に、打感を改善している。

グライド 3.0はより大きくより柔らかいカスタムチューニングポート(CTP)エラストマーをキャビティに採用している。

新しいインサートによりフェースを覆う部分を増やし、ソフトでありながらソリッドな打感を実現した。

さらに、この新しいキャビティと大きくなったCTPのおかげで外周部の重量配分が増え、重心位置を上げることで、より低い打ち出し角とコントロール性能をもたらすことになった。

ピン,グライド 3.0,ウェッジ

もうひとつ大きな違いは総重量だ。グライド 3.0は前作に比べて15gも軽い。

それは純正グリップと純正シャフトの重量減によるものが大きい。

ピンのDYLAWEDGE LITE グリップは従来のグリップより0.75インチ長いのに6g軽く、また日本シャフト製のZ-Z115シャフトは5g軽い。

バランスポイントが低くなるため、より低い打ち出し角とコントロール性能を手に入れた。


 

結論。価格とシャフトオプション、入手法

ステルス 2.0が選択肢に入っていないなら、それもアリだ。新しいグライド 3.0は2年半前に登場したグライド 2.0と比べれば大きく進化している。

ただステルスの出来がよすぎたせいで驚きを感じないだけなのだ。

新しいグライド 3.0は先行予約およびピン公認フィッターによるカスタムフィッティングが可能。

ピン,グライド 3.0,ウェッジ

前述の通り、純正グリップはDYLAWEDGE LITE(3サイズ展開)、純正シャフトは日本シャフト製のZ-Z115。純正カーボンシャフトはピンのアルタCBレッド。

他にダイナミックゴールド、ダイナミックゴールド105、ダイナミックゴールド120、プロジェクトX LZ、トゥルーテンパー XP95、NSプロのモーダスツアー105およびKBSツアー等、追加料金なしで選べるシャフトオプションもある。

実は前作とは価格面でも違いがある。スチールで160ドル、カーボンで180ドルのメーカー希望小売価格は、2.0モデルに比べて2000円高くなっている。


Shares 0