MyGolfSpyは来週、重心位置(CG)に関するレポートを発表する予定だ。それまでの間、問い合わせが多かったトピックについて考えてみたい。

 

「最もやさしいドライバー」はどれか?

その答えは、皆さんが思うより曖昧だ。「やさしさ」はゴルフメーカーが売れる宣伝文句として頻繁に使いたがる、実に漠然とした表現である。クラブの特長においては、「操作性」の対義語として使われることが多い。

「やさしさ」は、各社独自のフェース技術を含む広義な意味合いもあるし、慣性モーメント(MOI)を意味する場合もある。前者は数値で表現するのが難しいので、その訴求はマーケティング部門の裁量によるところが大きい。ところが、後者は数値で表すことが可能で、計測・比較することができる。

ただし、それはクラブを安定的に打つ技術があるかどうかとは別の話だ。そうなると、「最もやさしいドライバーは芯に当たる確率が高いのか」という議論が生じる。まったく、漠然としている。それを踏まえて今回は、よりわかりやすい尺度にフォーカスすることにした。

 

「最もやさしい」ドライバーはどれか?

ランキングは、実際に販売されているクラブのヒール/トゥ(IYY:Y軸を中心に回転)MOIによるものであることを伝えておこう。USGAのルールでは5,900 g-cm2をMOIの上限と定めているが、USGAは現在のところ、トップ/ボトム(IXX:X軸を中心に回転)MOIの上限を定めていないことは注目に値する。ゴルフ業界ではあまり話題にならないが、特にスピンの安定性に寄与するトップ/ボトムMOIも考慮するべきだろう。

most forgiving drivers

most forgiving drivers

MOST FORGIVING DRIVERS

most forgiving drivers

most forgiving drivers

 

テスト対象モデル

下のチャートは、「2018 Most Wanted ドライバー」の選考対象となったほとんどのドライバーのIYY値、IXX値、トータルMOI値を表している(PXG 0811Xも含む)。タイトリスト917は、TSが後継モデルとなったため対象外とした。ウェイト調節可能なドライバーに関しては、MOIが最高になる配置(最後部)で計測した。

MOST FORGIVING DRIVERS 2018

その他の検討すべきモデル

今回のトップ5以外にも、「最高にやさしいドライバー」を求めるゴルファーが購入を検討すべきモデルがいくつかある。

PXGは測定目的で0811XFを提供してくれたわけではないが、ヒール/トゥMOIはG400 MAXに匹敵する。IXX値はG400 MAXに比べわずかに低い。

近日中にタイトリストTSドライバーも測定したいと考えている。タイトリストによると、TS2のIYY値は5,250だという。もしそれが本当なら、今回のランキングで2位に入ることになる。

Shares 0