ブランド名に秘められているもの

あなたは、ブランド指向だろうか?

ほんの一瞬、正直になって考えてみてほしい。

その商品やブランドの実際の価値による理由以外に、特定のブランドが好きだということはあるだろうか?

もし答えがノーなら、大丈夫だ。常識的だ。カンター社(アメリカの有名マーケティング市場調査会社)によると、アメリカ人が1日の内で見ている平均的な広告量は、5,000に上ると言われている。しかし大抵の人は、自分は広告には影響されていないと信じて疑わない。もしそれが真実なら、なぜ多くの会社が昨年の広告費に6兆円も費やしたのか?

本物 VS 偽物

現実をみると、自分のお気に入りのパターは、広告の影響を大きく受けている。
広告というものは、あなたにとって大親友のような存在だと信じ込ませ、私たちを巧みに操っている。そしてこの影響を受け続けた結果、ストップできなくなる。影響を受けないようにするには、ただスマートフォンやパソコン、そしてテレビでトランプ大統領のニュースを見ないようにするしかない。

一体、ブランド名にはどんな価値が含まれるのか?それを私達MyGolfSpyチームが検証したい。もし、(本物の)Scotty Cameron VS (偽物の)Scotty Cameron を、本物のゴルファーでテストしたら、何が起こるだろうか。また、それが主観的なフィードバックにどのように影響するかだけではなく、客観的なデータに基づいたフィードバックにどう影響するかも検証していきたい。果たして、見た目と感触において、偽物は高く評価されるだろうか?本物と比べて、偽物のパターはどのような性能を見せてくれるだろうか?

これらについて、テスト・検証してみた。

テスト方法

注意:私たちは偽造のゴルフ用品を決して認めているわけではない。絶対に買わないでいただきたい。

・テスターには、Scotty Cameronパターの一貫性をテストすると伝えている。

・各テスターには、テストに使用する本物と偽物のパターをランダムに与えた。

・テスターは、テスト前にパターを試打する機会は与えられていない。

・テスターは、それぞれのパターを使用し、三つの異なる距離(5,10,20フィート※)に対し各6球ずつ、合計18球のパットを打つように指示されている。(※1.65ヤード、3.3ヤード、6.6ヤード)

・テスターは、全てのパットで完全にカップインするよう指示されている。

・テスターは、18球全てを打ち終えてから次のパターをテストする。

・パターを打ち終わった後で、主観的なフィードバックを記録した。

・両パターに対して、見た目と感触とアライメントにおける評価(1-10)をした。

・テスターに、主観的フィードバックをコメントしてもらった。

 

データ

このテストは、バージニア州ヨークタウンにあるMyGolfSpyのテストセンター内で行われた。テストは2月15日に開始し、4月15日に終えた。全てのテストにはブリヂストンのゴルフボールが使用され、GolfMechanixの装置を使ってデータを測った。

 

主観的評価

私たちは、テスターに2本のパターの見た目、感触、方向性を10点満点で採点してもらった。見た目に関しては同等のスコアが付けられたが、感触と方向性に対しては、本物のスコッティキャメロンが少し高い結果となった。

 

性能評価

テストでは全く同数の球を打ってもらったが、5フィートと10フィートの距離では、両パターは同じようなパフォーマンスを見せた。興味深いことに、20フィートの距離では、偽物パターが本物のスコッティキャメロンを上回ってしまった。この差異を説明する特筆すべき事実が2つある。

・偽物のスコッティキャメロンはかなり軽い。そしてそれがロングパットの際に有利に働くのかもしれない。
・偽物に使ったサイトラインが、大きさと光沢において、より際立って見えた。このことが、ロングパットの際のパフォーマンスに差をつけたのかもしれない。

評決

現代では、あなたが耳にする話は、もはや先生や、両親、メンターから教えられるものではない。何かを売っている人達から教えられる。今日、私たちに最も影響を受けている話題は、広告主から伝えられるストーリーだ。MyuGolfSpyが行うテストも、そのような方向に変えるべきかと問われれば、絶対にそれは違う。しかし、次に何かゴルフ用品を購入するときに、今回MyGolfSpyが行った比較テストの結果が、あなたの中に最初に湧き起こるメンタルブロックを外してくれるかもしれない、と我々は強く願っている。

 

Shares 0