USGAの適合リストを良く見てみると、日本ブランドのクラブの名前がたくさん載っているが、理解に苦しむネーミングも多い。

1980年代半ばのミズノのカタログをお見せしよう。これを見れば、過去の「迷器」を思い出すに違いない。

当時のミズノが何を考えていたのかはわからない(でも「Big Sneeze(大きなくしゃみ)はしっくりきた)。製品名を声に出すのは少し勇気がいるが、やってみるとかなり楽しめる。

MYGOLFSPYにしては不謹慎かもしれないが、別の意味で「最高」のラインナップをお楽しみあれ。

ゴルフ クラブ 名前 迷器 80年代 ミズノカタログ

ゴルフ クラブ 名前 迷器 80年代 ミズノカタログ

ゴルフ クラブ 名前 迷器 80年代 ミズノカタログ

ゴルフ クラブ 名前 迷器 80年代 ミズノカタログ

 

ミズノは何を目指していた?

先ほども書いたとおり、私はBig Sneeze(大きなくしゃみ)とDonkey Shovel(我慢強いショベル)までは何とか理解できるが、Crazy Shallot(狂ったエシャロット)? Banana Kick(バナナ・キック)? そしてPower Doughnut(パワー・ドーナッツ)!

どういうつもりで名前を付けたのだろうか?

Shares 0