アイアンの優劣を決める要素は何だろうか? 飛距離? 正確さ? コントロール性? それとも、やさしさだろうか?

いや、そのすべてだ。

今年はバージニア州にある私たちのテスト施設を利用して、世界で最も包括的で公平な「上級者向けアイアン」のテストを実施した。

今年は分析方法をさらに見直し、「統計的有意性」という要素を加えた。 さらに今年のテストでは、より多くのモデル、より多くのショットを計測し、これまで以上に信頼性の高い結果を得ている。 あなたが2018年モデルのアイアンを探しているなら、ぜひ参考にしてもらいたい。

 

上級者向けアイアンの定義

ノンブレード(マッスルバックでない)アイアン、17モデルがテスト対象として選ばれた。 あなたのお祖父さんが使っていたバターナイフ・ブレード(トップブレードが非常に薄いブレードアイアン)ほどではないが、上級者の要求に応えつつ、私たちに必要な許容性も併せ持つクラブだ。

これらのクラブの対象ハンディキャップの目安は「一桁」だろう。ヘッドが小さく、キャビティーも少な目で、オフセットも最小限であることが特徴だ。

注意:私たちはプロと同じアイアンでプレーしたがる傾向があるが、このカテゴリーのクラブはアベレージゴルファー向けではない。 これらのアイアンは、「ほぼいつもフェースの中心にボールを当てられる人」を対象に設計されており、ミスによる痛手は、初級者・中級者向けクラブよりもずっと大きいので注意してほしい。

進歩する分析技術

データは重要だ。 自分に合う道具を探す時なら、なおさらだ。

このゴルフにおける最大の課題の1つに取り組むため、私たちは最大かつ膨大なデータを紡いで、この問題を解決していく。

すべてのテストは、バージニア州にある完全に独立した私たちのテスト施設で行った。 テストの一貫性を保つため、テスターは全員ブリヂストンの「Tour B RX」ボールを使用した。 すべてのボールデータは、世界で最も信頼性の高い計測器「Foresight Sports GC Quad」で収集し、ヘッドデータは「Foresight HMT」でキャプチャーした。

・ショット数:9,481

・データポイント(ボールを計測した位置):426,645

・テスト時間:120時間

・テスター:20名

・ハンディキャップレンジ:2~8

・テスターの年齢層:23~64

・ドライバーのヘッドスピード:40.2353.64m/s

・テストした本数:各セット3本(ショート、ミドル、ロングアイアン)

 

結果とランキング

私たちのランキングは、会議や投票で決まるのではない。 計測器が唯一最高の裁判官なのだ。 今回の「2018 Most Wanted 上級者向けアイアンテスト」では、標準的な計測項目であるボールスピード、打ち出し角、スピン量、飛距離などを計測した。

Most Wantedを受賞したのは、統計的有意性とストロークス・ゲインド※に基づいて、最も多くのテスターがトップグループ(パフォーマンスが良いクラブ)に入れたクラブだ。 わかりやすくするために、私たちはこの総合順位を「TRUE Rank」と呼んでいる。

※「打数を何で稼いでいるのか」という観点でドライバー、アイアン、アプローチ、パット などの技術力を示す指標

詳細は「テスト方法・ランキング方法」のページに記載した。

 

2018 上級者向けアイアン ランキング

※上から順に、ショートアイアン、ミドルアイアン、ロングアイアン、総合のランキングを掲載

2018 Most Wanted 上級者向けアイアン データ

※「TRUE Rank」順に掲載

詳細データを知りたい場合は、以下の番手別(5番、7番、PW)データを参照してもらいたい。

 

データ(5番アイアン)

データ(7番アイアン)

データ(PW)

Shares 0