2016年の驚きの出来事と言えば、テストしたイーブンロールパター各4モデルが、私たちが毎年実施している”MOST WANTED”企画で上位につけたパターを打ち負かしたということだろう。

そして2017年、イーブンロールパターは総力を挙げて新作4モデルをリリース。

ラインナップの幅は広がり、あらゆるタイプのゴルファーのニーズに応えるブランドに近づいたと言える。


というわけで、新作をご紹介しよう。

 

ER3 ウィングブレード

イーブンロール,パター,2017年,ER3,ウィングブレード

303ステンレススチールミーリングを採用したウィングブレードは、PINGのB60を想起させる。

ウィングブレードの由来は、トゥとヒールの間のエクストラフレアーによる翼型の形状によるものだ。重心より遠い位置に重量配分していることで、より安定性が増していることも特徴だ。

また30度トゥダウンというフェースバランスにより、ストローク中のローテーションがしやすくなっている。

イーブンロール,パター,2017年 イーブンロール,パター,2017年

 

ER6 アイロール・ブラック

イーブンロール,パター,2017年,ER6,アイロール・ブラック

ヘッドはアルマイトブラックフィニッシュ仕上げの6061アルミニウムを採用。ER6のレッドバージョンを好まないゴルファーに向け用意されている。

空洞部分にはアルミニウムより2.5倍の重量があるスティールで埋められており、結果としてER6の重量はヘッド後方に配置され、より安定感と正確性が増す。

イーブンロール,パター,2017年,ER6,アイロール・ブラック イーブンロール,パター,2017年,ER6,アイロール・ブラック

 

ER7 フルマレット

イーブンロール,パター,2017年,ER7,フルマレット

303ステンレススチールミーリングを採用したER7は、目を引くサイトラインとトゥヒールにかけて対照的にフローさせた重量配分が特徴。

平行してミルドされた3つのアライメントラインが、ターゲットに向けてヘッドを動かす意識を持たせてくれる。

イーブンロール,パター,2017年,ER7,フルマレット イーブンロール,パター,2017年,ER7,フルマレット

 

E8 ツアーマレット

イーブンロール,パター,2017年,E8,ツアーマレット

 

こちらも303ステンレススチールミーリングを採用。ツアーマレットという名前は、世界中のプロツアーでも人気の形状であることが要因だ。

ER7よりもややコンパクトのER8だが、微妙に形状が非対称となっていることも特徴だ。

トゥ側が微妙に大きくなっていることで、アドレスして構えた時の見た目のバランスが良い。

またトップラインがやや丸みを帯びているため、柔らかく見える他、ヒールとトゥ部分へのフローも自然に感じることができる。

 

イーブンロール,パター,2017年,E8,ツアーマレット イーブンロール,パター,2017年,E8,ツアーマレット

イーブンロールパターの特徴

 各ニューモデルともに、前作同様のコアテクノロジーが特徴となっている。

“スイートフェイステクノロジー”

フェース面全体で、一貫して均一な転がりを実現。テーパーされた溝は、オフセンターヒット時のボールをターゲットラインに戻し、バラツキを抑えるという二重の効果をもたらす。

スタビリティ・ウェイティング

重めのグリップに重めのヘッド重量を採用することで、安定性と正確性のために全体重量が増す一方、スイングウェイトを軽くし距離感を合わせやすくしている。

ラインアライン・システム

1/4インチ離れた無色のドット2つにより、アライメントが微調整できる。

イーブンロールの新作は同社ウェブサイトでチェックしよう。


Shares 0