総合1位
ベストバリュー
総合1位
オデッセイ TRIPLE TRACK 2BALL
  • 2020年総合1位
  • 10フィートパットで最高成績
  • 20フィートパットがランク圏内
  • 打感、アライメント、ボールの転がりがテスターに高評価
  • テスターによると、「トリプル・トラックライン」が目障り
  • SIK FLO
    • ボールの転がりが最も安定しているパター(テスターのフィードバックより)
    • 3つのパッティング距離すべての結果が一貫している
    • ルックスは妥協しても、打感とバランスには高評価が集まった
  • ルックスが悪い
  • ミズノ M. CRAFT 3
    • 2020年モデルで一番ソフトな打感
    • テスターの評価によると、ボールの転がりが安定している
    • 5フィートと10フィートパットが好成績
    • ブラックイオン、ブルーイオン、ホワイトサテンの3種類の仕上げ
  • 20フィートパットの結果が残念
  • ホワイトサテンフィニッシュがぎらぎらし過ぎる
  • スコッティ・キャメロン SELECT FASTBACK 1.5
    • テスター間で一番人気のひとつ
    • 平均と比べて、10フィートパットでは約0.5ストローク改善
    • クラシックなデザインが人気
  • 20フィートパットの成績が振るわず、高ランクを逃した
  • ベストバリュー
    ウィルソン INFINITE THE “L”
    • お手頃価格なのに高品質
    • 20フィートパットがランク圏内
    • 10フィートパットでも非常に優れた結果
    • ダブルミルドフェースデザイン
  • デザインが大き過ぎる
  •  
       

     

    すべてはゲームのために

    通常、私達がテスト結果を見直すことは滅多にないのだが、2020年マレットパターテストでは、本当に正しい数字を見ているのか目をこすって確認するほどだった。

    それでは足りず、最終的にデータを3回もチェックすることになった。案の定、優勝者は他者を圧倒し、2020年ベストマレットパターの座を獲得した。

    2020年は並外れた成果を目の当たりにしただけでなく、独自でユニークなデザインのパターが多数見られた年でもあった。

    そして、今年はさらに様々な色や形、サイズのパターが登場した。大きすぎるヘッドや明るすぎるデザインもあったが、特にオデッセイ「Triple Track」はすべてにおいてベストパターといえる。

    私達の仕事は、独立した公平な立場で、目的を持って商品テストを行い、消費者に自信をもって商品を選んでもらうこと。そのために、100%独立したテストセンターで、一貫したテスト方法と高度なゴルフ目線での分析手法を採用している。

    ここで公開する豊富なデータを活用し、ゴルファーの可能性を最大限に引き出してもらいたい。これらの比類なきデータは、ゴルファーにとっても新たな発見となるに違いない。

    今年こそ単に「気に入った」という理由だけでなく、「長く持ち続けたい」と思う商品を購入しよう。これまで使用していたクラブより優れた性能がない限り、1ドルも無駄にしてはならない。

     

    MOST WANTEDマレットパター:オデッセイ TRIPLE TRACK 2BALL

     

    パターの購入にあたり

    長さ

    パターの長さは、「距離」と「方向性」のコントロールの両方に影響を与える。通常のパターは、34か35インチが普通だが、短いパターの方が合うゴルファーが多くいる。アドレスに従って、リラックスしたセットアップを可能にするパターを選択しよう。

     

    ロフト角

    パターのロフト角は「方向」より「距離」に影響を与えることがあり、「スピードコントロール」はパッティングにおいて非常に重要だ。ロフトが立ち過ぎていたり寝すぎている場合は、ボールが跳ねたり地面に食い込んだりして、距離コントロールに一貫性がなくなる。そこで薦めるのが、「パターフィッティング」だ。フィッティングのスペシャリストが、あなたのパットに適したロフトを選んでくれるだろう。

     

    ブレード VS マレット

    ブレードとマレットのどちらを選択するかは、「個人の好み」とあなたの「パッティングストロークテンポ」によって決まる。ピンによると、パッティングストロークが速い傾向がある場合、「軽いブレードタイプ」のパターが適しているという。逆に、ストロークが滑らかで遅い場合は、「重いマレットタイプ」のパターが適している可能性がある。

    「テンポ」が重要であるのと同じくらい、「ストロークアーク」の度合いも大きく関係する。フェースを大きく開いたり閉じたりしてストロークする場合は、ローテーションが可能な「ヒールシャフトパター」を検討すると良い。このタイプのパターは、2本の人差し指でパターのバランスをとった時、パターヘッドのトゥが6時方向に指すはずだ。もう1つの極端な例として、フェースバランスのとれたパターは、同じようにバランスをとるとフェースが空を向くはずだ。このスタイルは通常、「ストレートバック・ストレートスルー」ストロークのゴルファーに適している。

       

    No.1「セミアーク」パター-SIK FLO

    「セミアークパター」で1位を獲得したSik 「Flo」は、2020年の新参者だがその強みを証明した。優れたフェーステクノロジーにより、フェースの上下にヒットしても、ストロークが変わることなく確実に同じように転がる。その結果、Floは3つの距離すべてで安定した成績をみせ、トップ5にランクインした。テスターの間ではルックスは不評だったが、全体的に「打感」と「バランス」が良いというコメントが目立った。

     

    記録

    テストでは、マーケット全体がどこに向かっているのか、前モデルから何が変わり改善したのかを探るため、トレンドも追っている。また、テスターからフィードバックを提供してもらい、良かった点、悪かった点を理由とともに共有してもらう。ただし、これらの主観的なフィードバックが、Most Wantedのランキングに直接影響することはない。

     

    トレンドと改良

    ・今回は最大規模のパターテストとなり、同時に独特というよりむしろ「突飛な」デザインが登場したように思えるが、それらには機能的なメリットが計算されている場合がある。たとえば、ウィルソン「The“L”」のクラブヘッドは独特の形をしているが、「L字型」というだけではなく、テストの結果も目を見張るものがあった。

    ・Sik「Flo」のフェーステクノロジーであろうと、イーブンロールパターのようなバランスの取れたグリップであろうと、多くのテクノロジーがインパクト時の打感や、ストロークタイプに影響を与える。購入する前にぜひそれぞれのテクノロジーを体感してほしい。

    ・テストした44モデルのうち、11モデルを「セミアーク」、5モデルを「ストロングアーク」、26モデルを「ストレートバック・ストレートスルー(フェースバランス)」、2モデルを「トルクバランス(トゥアップ)」として分類。

    ・テストした44モデルのパターのうち27モデルは、ミドルサイズからオーバーサイズグリップを装備していた。昔の「ピストルグリップ」または「ピストル型のようなグリップ」は、オリジナルグリップとしては今年も定番ではないようだ。「Super Stroke」のグリップは、豊富なグリップスタイルやサイズオプションが揃うため、引き続きパター界をリードするだろう。さらに、最新モデルにはグリップに「テックポート」が付属しており、「カウンター・コア」機能を利用することができる。また、イーブンロール「グラビティー・グリップ」は、デザイン的にも独自性がありながら、機能性も優れるパターグリップの良い例だと思う。

    ・ピン「Heppler Tyne 3」のようなファング(牙)スタイルのパター数は近年増え続けている。

    ・ラージサイズヘッドのマレットパターに共通するのは、ヘッド周辺にウェイトを配置しMOIを増加させ、それによって「やさしさ」を増す。

    No.1「ストロングアーク」パター-ウィルソン STAFF INFINITE「THE "L"」

    2020年最高のストロングアークパターをお探しなら、ウィルソン「Staff Infinite 「The“L”」がベストチョイスだ。ルックスは不評だったが、打感とヘッドバランスがスタイルを勝った。今年の総合準優勝のこのパターは、20フィートパットのストローク・ゲインド値で他と差をつけた。

     

    グリーンのスピードとパター選び

    コースの状況に合わせてパター変えることはお勧めしないが、遅いグリーンでプレーすることが多い場合は、ウウェイトの重いパターの方が合うだろう。逆に、速いグリーンでは、距離をコントロールするために、軽量のパターを使用すると良い。

     

    2020年マレットパターテスト テスターによるフィードバック

    ・「Axis 1 Rose」パターの色のコントラストは好印象だが、シャフトにわずかだが振動が感じられる。

    ・ピン「Heppler Ketsch」には、ポジティブなフィードバックが集まった。ヘッドシェイプと色のコントラストの評判は良く、アライメントに役立つというコメントが目立った。打感に関する評価は、まあまあだった。

    ・アライメントを改善したい人には、テイラーメイド「Truss TM1」は扱いづらかったようだ。ボールの転がりは一貫していたが、その見え方が問題のようだ。

    No.1「ストロークバック・ストレートスルー」パター-オデッセイ 「TRIPLE TRACK 2BALL」

    「ストレートバック・ストレートパター」デザインのNo.1は、2020年マレットパターテストの総合優勝者でもある。デザインはクラッシクでありながら、テストを勝ち抜いた実力者だ。多くのテスターは、目障りになるという理由で、アライメントラインを好まなかったが、テスト結果を見れば一目瞭然。特に、10フィートパットでは平均より1ストローク改善するという快挙であった。

     

    2020年ベストマレットパター -データ-

    2020年ベストマレットパター -データ-
     

    ※ストロークス ゲインド:「スコアを何で稼いでいるか」という観点で、ドライバー、アイアン、アプローチ、パット などの技術力を示す指標。

    元々は、PGAツアーで導入された指標で、コースの難易度により大きく変動する「フェアウェイキープ率」や「パーオン率」等では比較できない、選手の本当の実力を比較するために生まれた指標。同じコースでの全選手の平均ストローク数と自分のストローク数との「差」で示される。

    MYGOLFSPYの「MOST WANTED」における製品テストでは、この「ストロークスゲインド」の考え方を「商品の実力」を比較する指標として使っている。

    例えば、パターテストの場合は「ストロークスゲインドパッティング(strokes Gaind Putting : SGP)」と言い、「パッティングで(putting)、どれだけストロークを(strokes)、稼いだか(gained)」を示す。

    そのモデルが、ある距離のパットに費やした平均ストローク数を、他のモデルを含む全モデルの平均ストローク数から引いた数値がそれである。

     

    専門家のアドバイス-ウェイトキット

    一部のパターには、追加のウェイトキットが付属している。有能なフィッターを最大限に活用すればウェイトの増減やトゥハングの変更、MOIを向上することができ、最終的には距離のコントロールとパッティングの精度の向上に役立つはずだ。

     

    購入のアドバイス

    フィッティング

    アマチュアゴルファーの95%は、パターフィッティングを行っていない。更には、アメリカのPGAプロ(プロのフィッターを含む)の85%がパターフィッティングを行っていないという驚愕の事実がある。肝心なのは、間違った道具でプレーをすると、スコアを落とすことになる。ルックスや打感が良いという理由だけでパターを選択してはいけない。フィッターと協力して、“あなた”のストロークに一番合うパターを見つけ、より多くのパットを決めたいものだ。

     

    フェース テクノロジー

    パターフェースは、パターの最も重要な要素の1つだ。要は、ボールとコンタクトする部分である。フェーステクノロジーの中には単になる見せ物の場合もあるが、例えばイーブンロールが開発した多様なグルーブや伝統的なミルドフェースは、フェースからボールどのように転がるか緻密に計算され、ボールの転がりに大きく影響する。このように、フェースにデザインされたラインは単なる見せ物ではなく、本物の技術である場合もある。

     

    グリップスタイル

    「ピストル型」、「カウンターバランス」、「オーバーサイズ」は、数あるパターグリップスタイルの中でもほんの一部に過ぎない。ピンが実施した調査によると、「ピストルグリップ」は、「ストレートグリップ」より、セットアップした時にクラブが“閉じた状態”になるということが分かった。右にミスをしやすい人には、「ピストルグリップ」が解決してくれるかもしれないし、「ストレートグリップ」は左のミスを軽減するのに役立つかもしれない。

     

    テスト方法

    MyGolfSpyのミッションは、あなたのゲームに合ったパターを見つけること。

    完全に独立した公平な立場で、「顧客優先」を掲げている。

    テスターについて

    テスターは、ハンディキャップがシングルからミドルまでの20名のゴルファーで構成される。彼らのパッティングストロークの特徴は多岐に渡る。

    数セッションを通して、テスターには各パターで18ホール分パッティングをしてもらう。テストするパターの順番はゴルファーによってランダムに変える。

    高い信頼性

    ばらつきを減らすため、ヴァージニア州ヨークタウンにある私達のテストセンター「Lab X」にてテストを行い、テスター全員にブリヂストン 「Tour BX」ゴルフボールを使用してもらった。

    最終結果には影響しないが、各テスターからパターごとに「ルックス」・「打感」・「アライメント」に関する主観的なフィードバックを報告してもらった。

    ランキング方法

    「ベストマレットパター」を決定するにあたり、3つの異なるパッティング距離(5、10、20フィート)でテストした。そして、各テスターの平均ストロークに対する「ストローク・ゲインド値」をパターごとに計算する。これらの値を集計し、テスト全体で最高の「平均ストローク・ゲインド値」を出したパターを『Most Wantedテスト』の勝者とする。

     

    商品スペック

    2年ベストマレットパター -スペック-

    2020年ベストマレットパター -FAQ

    パターの購入にあたり

    Q:パターのフィッティングはした方かいいか?

    A:間違いなく、フィッティングは不可欠だ。ただ単にゴルフショップのパターコーナーに行って、良さそうなパターを選んではいけない。パターのことをもっと研究し、事実と知識をショップに持ち込み、自分のストロークに合ったパターをフィッティングしたい旨をしっかり伝えた方が良い。

     

    Q:自分でフィッティングすることはできるか?

    A:ある程度ならできる。ピンは、今お使いのパターシャフトに取り付けるスリーブとペアリング可能なアプリを開発した。これを使えば、自分のストロークタイプやライ角、ロフト角を測り次のパターに役立てることができる。

     

    Q:自分に合ったパターの長さを見つけるには?

    A: 簡単な方法は、自分が快適だと感じるパッティングスタンスを取ること。パターが短かすぎると、アップライトになりすぎることがある(パターのヒールが地面から離れる)。反対に、長すぎると、ボールに突っ込むような感じで、パターとトゥが少し上を向いているように感じる。

     

    Q:平均的なパターの値段はいくらくらいか?

    A: ほとんどのパターの価格は50ドルから数千ドルだが、平均的な相場は100-500ドルだ。最終的には、自分のゲームに最適なパターを見つけることだ。価格は大切だが、高価なパターが最高のパターであると決めつけてはいけない。  

    専門家のアドバイス-トゥハング

    右にミスが多いなら、トゥハングの強いパターを試すとまっすぐパッティングできる。パターフィッティングができないなら、ボールを後ろに動かすと、スタンスによってインパクト時のフェース角が変わることがある。

    ベストマレットパター

    Q:どのようにベストマレットパターを決めるのか?

    A:ベストマレットパターを決めるにあたり、3つの異なる距離(5、10、20フィート)をテストする。そして、各テスターの平均ストロークに対する「ストローク・ゲインド値」を計算する。これらの値を集計し、テスト全体で最高の「平均ストローク・ゲインド値」を出したパターを『Most Wantedテスト』の勝者とする。

     

    Q:ストロークタイプ別のベストパターはどのように決定したか?

    A:テスト前に、それぞれのパターを「ハング/ストロークタイプ」によって分類する。「トゥハング/ストロークタイプ」で全体の成績が一番良かったパターを各カテゴリーの1位とした。

     

    Q:ルックス、打音、打感などの主観的なフィードバックは、ランキングにどの程度影響するのか?

    A:全く影響しない。私たちのランキングは純粋に総パット数と数値化可能なパフォーマンス指標に基づいている。読者がテスターからのフィードバッグを希望しているため、主観的な感想として掲載している。

    Shares 0