2022年「Most Wanted」フェアウェイウッド
第2位
飛距離トップ
寛容性トップ
ベストバリュー
2022年「Most Wanted」フェアウェイウッド
コブラ「KING LTDx」
  • 2022年のベスト「フェアウェイウッド」
  • 「正確性」と「飛距離」で上位
  • 「見た目」と「打感」が高評価
  • 「寛容性」が平均以下
97.52
第2位
ツアーエッジ「エキゾチックス PRO721」
  • 「正確性」でトップ
  • 「デザイン」と「見た目」が高評価
  • テスターから「打感」が悪すぎるとの声あり
93.99
飛距離トップ
テーラーメイド「ステルスプラス」
  • 「飛距離」でトップ
  • 「正確性」で高得点
  • 「打感」と「見た目」が優秀
  • 「寛容性」がイマイチ
92.51
寛容性トップ
ツアーエッジ「エキゾチックス E722」
  • 「寛容性」でトップ
  • 魅力的な「デザイン」、「見た目」、「打感」
  • 「正確性」がイマイチ
  • 「打音」が大き過ぎる
84.35
ベストバリュー
ツアーエッジ「エキゾチックス PRO721」
  • 「正確性」でトップ
  • 「デザイン」と「見た目」が高評価
  • テスターから「打感」が悪すぎるとの声あり
93.99

すべてはあなたのゴルフのために

みなさんお待ちかねの『ベストフェアウェイウッド』の結果が出揃った!

フェアウェイウッドは、クラブの中で一番難しい。常に同じ飛距離で同じ方向に打つ必要があるからだ。だからこそ、個々に合うクラブを見つけることが非常に大切だ。

『MOST WANTED(MyGolfSpy独自のランキング)』は、何よりもデータによる結果主義で徹底分析した評価となっている。もしあなたが、フェアウェイウッドをお探しなら、2022年の『ベストフェアウェイウッド』の結果を是非参考にしてほしい。


『MOST WANTED スコア』



MyGolfSpyでは、2022年の『Most Wantedテスト』を100点満点での点数方式に改定した。この新システムにより、スコアアップできる可能性のあるクラブがさらに見分けやすくなるだろう。

フェアウェイウッドにおいて、我々は重要項目を「正確性」、「寛容性」、「飛距離」という3つのカテゴリーに分類。各カテゴリーは独自の手法で重み付けしている。

テストはフォーサイトの「GCクワッド」弾道測定器を使用し、ショットのバラつきを最小化するために、ボールはタイトリスト「Pro V1」に統一。異常値を省いた上でデータを集計した。


正確性

『MOST WANTEDテスト』において、「正確性」は重要な指標だ。フェアウェイウッドにおける「正確性」のスコアは「ストロークス・ゲインド」により決められている。


寛容性(やさしさ)

クラブの「寛容性(やさしさ)」は安定性の尺度となる。そのため、我々の「寛容性」の測定基準は、最も安定した結果を残すクラブを見つけることを目的としている。注:“安定性”とは漠然と“安定して良い”というわけではない。我々が細分化した「寛容性」の測定基準は以下の通りだ。

・ボール初速の安定性

・スピンの安定性

・キャリーの安定性

・バラつきの範囲


飛距離

間違いなく、「飛距離」はほとんどのゴルファーにとってクラブ選びの決定打となっている。我々の「飛距離」の指標は下記の通りシンプルだ。

・キャリーの飛距離

・トータル飛距離


「ベストフェアウェイウッド」:総合

2022年,フェアウェイウッド,ランキング,評価,人気,テーラーメイド,キャロウェイ,ゼクシオ,ゴルフ,ゴルフクラブ

主要ポイント

・コブラ「KING LTDx」は、「正確性」、「飛距離」、「寛容性」を兼ね備えた2022年最も評価が高いフェアウェイウッドとなった

・ツアーエッジ「エキゾチックス PRO721」のパフォーマンスで注目すべきは、総合2位のとなった「正確性」だ

・キャロウェイ「ローグ ST MAX」は「正確性」が評価され3位となった

・テーラーメイドが「ステルスプラス」と「ステルス」でトップ5にランクイン

・第5位に入賞したのは、新参者のニューレベル「NLH-01」で、来年の『Most Wanted』に期待


「ベストフェアウェイウッド」:飛距離

「飛距離」トップ3:テーラーメイド「ステルスプラス」、コブラ「KING LTDx」、テーラーメイド「ステルス」

2022年,フェアウェイウッド,ランキング,評価,人気,テーラーメイド,キャロウェイ,ゼクシオ,ゴルフ,ゴルフクラブ

主要ポイント

・テーラーメイドは飛距離の限界に挑み続けている。今回は「ステルスプラス」が飛距離でトップになった

・接戦で2位となったのはコブラ「KING LTDx」

・テーラーメイド「ステルス」がトップ3にランクイン

・キャロウェイ「ローグ ST LS」が4位でフィニッシュ

・「ゼクシオ12」がトップ5に食い込み、テストを通じて最高のボール初速を誇った


「べストフェアウェイウッド」:寛容性(やさしさ)

「寛容性」トップ3:ツアーエッジ「エキゾチックス E722」、ウィルソン「LAUNCH PAD 2」、PXG「311 XF GEN5」

2022年,フェアウェイウッド,ランキング,評価,人気,テーラーメイド,キャロウェイ,ゼクシオ,ゴルフ,ゴルフクラブ

主要ポイント

・ツアーエッジ「エキゾチックス E722」が2022年の『MOST WANTED』フェアウェイウッドの「寛容性」でトップに立った

・ウィルソン「LAUNCH PAD 2」は物足りない項目もあったが、「寛容性」では強みを見せて2位となった

・PXG「311 XF GEN5」が、アダムス「タイトライズ」の一つ上となる3位アダムスゴルフは、1996年に発表した「タイトライズ」フェアウェイウッドの販売で大成功を収めている。その名器が現代版で復活、寛容性部門で4位となった

・PXG「311 GEN5」がトップ5入りを果たし、「寛容性」という点でブランドとして印象的なパフォーマンスを見せた


「べストフェアウェイウッド」:正確性

「正確性」トップ3:ツアーエッジ「エキゾチックス PRO721」、コブラ「KING LTDx」、キャロウェイ「ローグ ST MAX」

2022年,フェアウェイウッド,ランキング,評価,人気,テーラーメイド,キャロウェイ,ゼクシオ,ゴルフ,ゴルフクラブ

主要ポイント

・「正確性」になると形勢が変わり、ツアーエッジ「エキゾチックス PRO721」が「正確性」でトップとなった

・コブラ「KING LTDx」がごく僅かな差でそのすぐ後に続く

・キャロウェイ「ROGUE ST MAX」がこれまた僅差で「ステルスプラス」をかわし3位にランクイン

・コブラ「LTDx LS」が「正確性」で再度トップ5入りを果たした


フェアウェイウッドの購入で検討すべきこと

新しいフェアウェイウッドを買う際はパフォーマンスを一番に考えるべきだが、購入を決める前に考慮した方がよい点が他にもある。


ロフト

フェアウェイウッドのロフト角は興味をそそられる要素だ。一般的にフェアウェイウッドのロフト角は15度だが、メーカーによっては、14.5度、15.5度、16度も用意している。

ロフト角はボールの弾道に影響するため、もしスピン量を減らしたいのなら、ロフトが立ったフェアウェイウッドを選ぶと良い。

一方、より高さを求め、スピン量を増やしたいなら、ロフトが寝たフェアウェイウッドを選択すると良いだろう。また、低スピン系ヘッドと高スピン系ヘッドもあるので、こうしたクラブもチェックしておくべきだ。


シャフト選択

フェアウェイウッドのパフォーマンスは、「ロフト」だけではなく「シャフトの選択」も重要だ。ゴルファーのスイングはそれぞれ異なるため、純正シャフトがほとんどのゴルファーに合うというわけではない。

シャフト選択では、フレックス(硬さ)、重量、素材、キックポイントなどをチェックすること。これら全てはシャフトがどのようなパフォーマンスをするのかに影響する。

そのため、専門のフィッターにどのシャフトがあなたのスイングに適しているのか診断してもらう方が良いだろう。


調整機能

ドライバー同様、多くのフェアウェイウッドには『アジャスタブル(調整)機能』がある。これにより、ゴルファー個々の傾向を元にしたお望みのショットを打つことが可能。

それ以上に『アジャスタブル(調整)機能』があるお陰で、ドライバーとアイアンやハイブリッドの「番手間のギャップ」も適正化することができる。つまり『アジャスタブル(調整)機能』は、いざというときにあなたを救う薬箱になる。積極的に活用すべきだ。



記録

この「MostWanted」テストでは、データを収集するだけでなく、製品特徴から市場がどこに向かっているのかを探り、メーカーが年々性能を向上させるためにどのような改善を行っているのかも分析。

さらにテスト中は、テスターからクラブのフィードバック(感想)も受けている。テスターが何を気に入り、何が気に入らず、そしてその理由も理解するようにしている。しかし、こうした主観的なフィードバックを集めてはいるものの、その主観がランキングの順位に影響したり、決定要素になることはない。


傾向と改善点

・テーラーメイド、コブラ、そしてキャロウェイがフェアウェイウッド部門で輝き続けている。ピン「G430」とタイトリスト「TSR」シリーズの発表を控え、テーラーメイド、コブラ、キャロウェイの2023年モデルがどうなるのかも楽しみだ

・「ゼクシオ」はボール初速では目を引くものがある。「ゼクシオ」のフェアウェイウッドとハイブリッドは、このボール初速により人気もかなり高くなっている。すぐにでも試してみるべきだ


2022年,フェアウェイウッド,ランキング,評価,人気,ゼクシオ,ゴルフ,ゴルフクラブ

テスターからのフィードバック

下記は、20人で構成するテスターによる主観的なフィードバックだ。フィードバックを集めることはどのテストにおいても重要だ。私たちはユーザーの製品に対する好き嫌いの指標として彼らのフィードバックを活用している。とはいえ、フィードバックは明らかに主観的なものであって、順位付けの要素にはしていない

・私たちはパフォーマンスが最も重要だと語っているが、ゴルファーが望んでいるのは魅力的なゴルフクラブだろう。次のフェアウェイウッドは、「デザイン」と「見た目」でテスターが高評価をつけたモデルだ。コブラ「キング(LTDx、LTDx Max、LTDx LS9)」、キャロウェイ「ROGUE ST (Max、Max D、LS)、テーラーメイド「ステルス」と「ステルスプラス」、ツアーエッジ「エキゾチックス E722」、PXG「0311 Gen5」、スリクソン「ZX」

・ゴルファーがゴルフクラブを購入する際に重要視するのは、「見た目」だけではない。「打感」もその一つと言える。次にテスターが「打感」で高評価をつけたモデルを発表する。テーラーメイド「ステルス」と「ステルスプラス」、コブラ「キング」シリーズ、キャロウェイ「ROGUE ST」シリーズ、ミズノ「ST-X 220」、ウィルソン「Launch Pad 2」、ツアーエッジ「エキゾチックス E722」。


2022年『MOST WANTED フェアウェイウッド』スコア

『MOST WANTED』のテストでは、ショップで購入可能な最新モデルのみをテスト対象にしている。もしあなたが希望するクラブが今回のテストに入っていなければ、去年のテストに入っているかも?

2022年,フェアウェイウッド,ランキング,評価,人気,テーラーメイド,キャロウェイ,ゼクシオ,ゴルフ,ゴルフクラブ
2022年,フェアウェイウッド,ランキング,pxg,ゴルフ,ゴルフクラブ

2022年『MOST WANTEDフェアウェイウッド』のデータはまもなく発表


2022年『MOST WANTEDフェアウェイウッド』ー FAQ

フェアウェイウッドの購入にあたり

Q:フェアウェイウッドを買い替える頻度はどのくらいか?

A:技術革新が毎年のように続く稀なケースもあるが、通常メーカーがクラブの性能を向上させるには3〜5年かかる。特にUSGAがメーカーに対してクラブ規制を厳しくしたことから、大きな改革を進めるにはさらに時間がかかる可能性がある。我々がおすすめする買い替え時期は、今使っているフェアウェイウッドよりも明らかにパフォーマンスが優れたフェアウェイウッドが見つかったときに買い替えることだ。もちろん、単に新作が出たから欲しいというなら、それも問題はないだろう。


Q:どのように自分に合うフェアウェイウッドを見つければ良いか?

A:専門フィッターによる適正なクラブフィッティングが、あなた独自のプレースタイルに合うフェアウェイウッドを決める上で役立つ。しかし、そのためにはフェアウェイウッドで「どのようなショットを打つ必要があるのか」、自分のニーズを把握しておく必要がある。フェアウェイウッドを主に「ティーショット」で使うのか、それとも「芝」から打つのか?ティーショットで多用するなら、「ディープフェース」のモデルを使った方が厚みのあるショットが可能になるだろう。逆に「シャローフェース」で面長のフェアウェイウッドなら、“芝の抜け”がよくなり、フェアウェイや“ラフ”からソリッドに当てることができるはずだ。あなたのフェアウェイウッドへのニーズをフィッターに理解してもらうためにも、フィッティングを受ける前に自分のプレースタイルをしっかり把握しておこう。


Q:シャフトは重要か?

A:無論重要だ。スピン量や打ち出し角の差はそれほど大きくないが、シャフトを変えることでショットの精度や、バラつき、そして全体的な安定性の向上が実現するだろう。


Q:フェアウェイウッドを試打する時は、何に注目すべきだろうか?

A:ゴルファーは飛距離以外のほとんどに目を向けない傾向があると思うが、「(計測器の)細かい数字」や、「丸で囲まれた数字」にも注目すべきだろう。「飛距離」と「ボール初速」などの数値を比べる際も、必ず「標準偏差(計測器の画面上では、これらの数値は大きな数字の下に表示される)」をチェックすること。数字が小さいほど「安定性」に優れているが、これはコース上だと1~2ヤード飛距離が伸びることでもある。同様に(丸で囲まれた)バラつきも確認して欲しい。フェアウェイウッドでは、「安定性」を過小評価してはいけない。


2022年,フェアウェイウッド,ランキング,ツアーエッジ,ゴルフ,ゴルフクラブ

『MOST WANTED』-2022 ベストフェアウェイウッドを決めるにあたり

Q:どのようにテストモデルとなっているフェアウェイウッドを各テスターにフィットさせるのか?

A:テストでは「フィット・フロム・ストック」というフィッティングプロセスを活用している。各テスターは、カスタムではなくメーカー在庫(ストック)にあるフェアウェイウッドを使用。今回テストしたフェアウェイウッドは、ロフト角が14.5度から16度までとなっている。このうち何本かは「アジャスタブル(調整)機能(ロフトと重心)」があり、最適な弾道を実現するために「調整機能」を活用。また、今回は各テスターに合わせてフレックス(硬さ)も調整した。弾道を改善できるように異なる標準シャフトが装着された複数のセットを送ってくれたメーカーがいたことも付け加えておく。


Q:どのように『Most Wantedフェアウェイウッド』を決めるのか?

A:『ベストフェアウェイウッド』を決定するにあたっては、フォーサイトの「GCクワッド」弾道計測機を使ってパフォーマンスデータを収集している。そして、総合ランキングを決めるためには、平均値だけを重視しているわけではない。代わりに独自の手法を用いて、「正確性」、「寛容性」、「飛距離」という3つの主要指標を元に決定している。


Q:「最も飛ぶ」フェアウェイウッドはどのように決めるのか?

A:「最も飛ぶ」フェアウェイウッドは、単に平均データを見るのではなく、テスター全体を通じた平均のトータル飛距離とそのデータの統計的信頼性を考慮して決める。


Q:「最もやさしい」フェアウェイウッドはどのように決めるのか?

A:「最もやさしい」フェアウェイウッドは、以下の指標に注目して決定している。

・初速の安定性

・スピン量の安定性

・キャリーの安定性

・バラつき度合い


Q:見た目、打音、打感などの主観的なフィードバックはどれくらい順位に影響するのか?

A:全く反映されない。この順位はローンチモニターのデータと測定できるパフォーマンスの数値のみで決定される。