2022年『Most Wanted』ウェッジ
「一貫性」トップ
「スピン」ベスト
「正確性」トップ
「濡れた状況」トップ
2022年『Most Wanted』ウェッジ
テーラーメイド「ミルドグラインド3」
  • 2022年『Most Wanted』ウェッジ
  • 「正確性」と「スピン」でトップ
  • 非常に魅力的なデザインと「打感」
  • テスターからヘッドが重すぎるという声あり
97.48
「一貫性」トップ
PXG「0311 3Xフォージド」
  • 「一貫性」でトップ
  • 魅力的な「打感」
  • テスターからグリップが不人気
  • フルフェースデザインがほとんどのテスターに受け入れられていない
90.50
「スピン」ベスト
テーラーメイド「ミルドグラインド3」
  • 「スピン」でトップ
  • 全てのスコアの指標で1位か2位
  • 「打感」が重たいと感じたテスターが数名いた
97.48
「正確性」トップ
テーラーメイド「ミルドグラインド3」
  • 「正確性」でトップ
  • テスターからヘッドが重すぎるという声あり
97.48
「濡れた状況」トップ
ピン「Glide 4.0」
  • 「濡れた状況」でトップ
  • 「濡れた状況」でさらにスピンが向上
  • 魅力的なデザインと「打感」
  • 「正確性」のスコアは乏しかった
87.42

すべてはあなたのゴルフのために

ウェッジは、パター以外で「飛距離」の優先度が一番低いクラブカテゴリーだ。その代わり、「正確性」、「一貫性」、そして「スピン性能」が何よりも重要となる。

では2022年のベストウェッジを紹介しよう!


『MOST WANTED スコア』

我々は、2022年の『Most Wantedテスト』を100点満点での点数方式に改定した。この新システムにより、スコアアップできる可能性のあるクラブがさらに見分けやすくなるだろう。

ウェッジ部門では、主要指標を「正確性」、「一貫性」、「スピン」の3つのカテゴリーに分類。各カテゴリーは独自の手法で重み付けされている。

データはフォーサイトの「GCクワッド」弾道測定器を使用。ショットのバラつきを最小限にするために、ボールはタイトリスト「Pro V1」に統一。異常値を外した上でデータを収集した。


正確性

「正確性」は全ての『Most Wantedテスト』で重要だ。ウェッジにおける「正確性」のスコアは以下の指標により決められている。

ストロークス・ゲインド


一貫性

スコアメイクという点で、「一貫性」のないウェッジは不安要素でしかない。ウェッジに必要なのは「寛容性」と「一貫性」。今回、「一貫性」においては以下2つの指標を採用した。

・キャリーの「一貫性」

・バラつきのエリア


スピン

ウェッジにおいて、スピンは間違いなく鍵となる。我々のスピンの指標は以下の通り

・フルスイングでのスピン

・50ヤードのスピン(乾いた状況)

・50ヤードのスピン(濡れた状況)

・乾いた状態と濡れた状態でのスピン保持率


2022年『Most Wantedウェッジテスト』について



2022年のウェッジテストでは、20名のゴルファーが、ロフト角56度のウェッジを「フルスイング」ショットに加え、「濡れた状態」、「乾いた状態」における50ヤードのショットで試打。フォーサイトの「GCクワッド」弾道測定器とタイトリストの「Pro V1」ボールを使用し、約13,000のショットデータを集めた。


主な注目点

1、フルショット時のスピンはそこまで重要ではない

確かにウェッジでスピンが掛かりまくれば気分も最高だろう。しかし、フルショットではウェッジごとのスピン量に大差はない。一番スピン量が少ないウェッジは、一番スピン量が多いウェッジの約94%程度。スピンは重要だが、フルショットでは必ずしも重要ではないということだ。


2、「濡れた状態」はパフォーマンスに影響する

我々は、「濡れた状況」でのシナリオをテストに導入して以降、「濡れた状態」と「乾いた状態」で、どのようなパフォーマンスを見せるのかをテストしてきた。その結果は、スピン量は減少、打ち出し角は増えるといった、どちらもその可能性が高いということがわかった。

こうした結果は、ウェッジのパフォーマンスと一貫性に大きな影響を与えている。ウェッジが「濡れた状態」でうまく対応できなければ、そのウェッジは、安定したキャリーをキープするのが難しくなるだろう。




3、「一貫性」が重要

常にウェッジの話題の中心はでスピンにある。しかし、我々は「一貫性」の方が大切だと思っている。なぜなら、ほとんどのウェッジが乾いた状態では安定してスピンがかかるが、「一貫性」がないモデルもある。ウェッジで求められるのは「操作性が良くて正確な距離がでる」こと。

それは時々ではなく、常にだ。だからこそ、「寛容性」と相関する我々の「一貫性」の指標に着目して欲しい。必要なのは、安定したキャリーを生み出しバラつきの少ないウェッジなのだ。


2022年『Most Wanted』ウェッジ(総合)

2022年,ウェッジ,ランキング,ゴルフ,ゴルフクラブ,評価

主要ポイント

・テーラーメイド「ミルドグラインド3」が2022年の『Most Wantedウェッジ』となった。「正確性」「スピン」「一貫性」の全ての分野で他のモデルを圧倒

・タイトリスト「ボーケイSM9」は「正確性」と優れた「スピン」性能を発揮し2位となった

・3位は、PXG「0311 Sugar Daddy II」。全体的に優れた選択肢と言える

・PXGが「0311 3Xフォージド」でトップ5入りを果たした

・キャロウェイ「JAWS フルトウ(Raw)」ウェッジがトップ5に食い込んだ


ベストウェッジ(スピン)

2022年,ウェッジ,ランキング,ゴルフ,ゴルフクラブ,評価

主要ポイント

・総合的なスピン性能において、テーラーメイド「ミルドグラインド3」は群を抜いていた。

・本間ゴルフ「T//WORLD W21」が「ベストスピン」で総合2位。フルショットの状況では、一番スピン量が多かった

・3位はタイトリスト「ボーケイSM9」

・クリーブランド「RTXフルフェース」とプロトコンセプト「ProtoCフォージド」がトップ5入り


ベストウェッジ(一貫性)

2022年,ウェッジ,ランキング,ゴルフ,ゴルフクラブ,評価

主要ポイント

・PXG「0311 3Xフォージド」が2022年で最も一貫性のあるウェッジであることを証明。優れたキャリー性能とバラつきの少なさを求めるなら、必見だろう

・テーラーメイド「ミルドグラインド3」が、「一貫性でベスト」なウェッジのうちの1本となり、この部門で2位を獲得

・3位はPXG「0311 Sugar Daddy II」

・ピン「Glide 4.0」とタイトリスト「ボーケイSM9」がトップ5入り。検討に値するウェッジとなっている


ベストウェッジ(正確性)

2022年,ウェッジ,ランキング,ゴルフ,ゴルフクラブ,評価

主要ポイント

・圧倒的なパフォーマンスを見せるテーラーメイド「ミルドグラインド3」が「正確性」でもトップとなった

・2位はタイトリスト「ボーケイSM9」

・PXG「0311 Sugar Daddy II」は3位となったことでその総合的なパフォーマンスが一層引き立っている

・PXG「0311 3Xフォージド」とキャロウェイ「JAWS フルトウ(Raw)」が「正確性」で4位と5位にランクインした


濡れた状態

2022年,ウェッジ,ランキング,ゴルフ,ゴルフクラブ,評価

毎年のように「濡れた状態」のウェッジがパフォーマンスに与える影響の大きさを目の当たりにしており、時には度肝を抜かれることもある。中でもピンは、「濡れた状態」で驚異的な性能を発揮し続けている。

同様にジューシー「tH」、PXG「0311 Sugar Daddy II」、クリーブランド「CBX ZipCore」、テーラーメイド「ミルドグラインド3」も同様の状況で非常に優れた性能を見せた。

逆に「濡れた状態」で効果的な結果にならなかったウェッジもある。ヘイウッド「シグニチャー」ウェッジとArgolf「AR-F18」は、60%以上もスピン量が減っていた。

ではここからは「濡れた状態」でベストなウェッジをご紹介する。


「濡れた状態」でベストなウェッジ

2022年,ウェッジ,ランキング,ゴルフ,ゴルフクラブ,評価

ウェッジ購入で考慮すべきこと

新しいウェッジを購入する際は、パフォーマンスのデータに加え、下記の要素も考慮するようにしよう。


ロフト角

一般的には、ギャップウェッジがセッティングの中に入れる最初の「専用ウェッジ」となるはずだ。ほぼ全てのアイアンセットにはピッチングウェッジが含まれているが、“標準ロフト”からストロングロフト化へと進んでいることを考えると、「ロフト角の差」はなるべく6度以下にした方が良い。

最近のロフトセッティングの主流は50、54、58度だが、番手間ギャップをしっかりチェックすること。そうすることで、距離のコントロールが改善し、スコアアップも望める。


バウンス角

ウェッジのバウンス角とは、「リーディングエッジ(フェースとソールの境界線)」と「トレーリングエッジ(ソール後方とバックフェースの境界線)」にできる「角度」のことだ。これはソールの一部で、クラブがボールに当たる時に地面と最初に接触する部分でもある。

「ハイバウンス(バウンス角の大きい)」のウェッジは、アドレス時にリーディングエッジが地面から離れたところにあるが、逆に「ローバウンス(バウンス角の小さい)」ウェッジだと、基本的に地面に近いところになる。

ウェッジのバウンス角を、コースで直面する芝のコンディション(柔らかい、硬いなど)やインパクト時のクラブ軌道に合わせることで、ボールコンタクト、コントロール、そしてスピンを最適化できるのだ。

一般的に、ローバウンスウェッジ(4度から6度)は入射角が浅い(「ディボット(削り取られた芝)」が少ない)ゴルファーに合うが、地面が硬かったり、ベアグラウンド(コース上の土がむき出しになっている部分)やタイトなライ(芝のない、もしくは、芝が非常に短く刈られた状態)でも実力を発揮する。

逆に、ハイバウンスウェッジ(12度から14度)は、入射角が鋭角(よりディボットを取る)なゴルファーに向く傾向があり、地面やバンカーが柔らかい時に適している。

優秀なフィッターならこうした分かりにくさを解消してくれるが、もし迷いがあるなら「ミッドバウンス」のウェッジを選ぶ方が無難とも言える。



グラインド

グラインドも重要だ。簡単に言うと「グラインド」とは、ソール全体の形状を表す。(「Mグラインド」や「Cグラインド」では一般的だが)ヒールとトゥ部分から素材を削り落とすことで、有効なバウンス角が少なくなり、リーディングウェッジがより地面に近づくことで、フェースを開くなどより多様なショットに対応できる。

ほぼ全てのメーカーのラインナップを見ると、グラインドオプションがあるロフトラインナップは限定的で、どのオプションがあるのかはバウンス(そしてソール幅)によって異なる。

ウェッジのフィッティングにおいて「グラインド」は過小評価され見落とされがちだが、可能性を最大限発揮するには屋外でのフィッティングが必須だろう。あるいはタイトリストの「ボーケイ・ウェッジ・フィッティング」アプリでチェックしても良い。


ライ角

どんなフィッティングでも「ライ角」は重要な要素だが、単にアイアンに合わせるだけでは最高の結果になるとは限らない。ウェッジショットの大半は「フルスイング以下」であり、グリーン周りの「アプローチ」や「チッピング」になることが多く、ヘッドの動きも大きくはないのだ。

つまり、「アイアンと同じ流れにしたライ角のウェッジ」は、アップライト気味になるということ。ウェッジで「左へミス」するなら、1度か2度ライ角を「フラット」にすることも考えた方がよい。


2022年『Most Wantedウェッジ』記録

テストでは、市場がどこに向かっているのかを探り、メーカーが年々パフォーマンスを向上させるためにどのような改善を行っているのかを分析。さらに、テスターからフィードバックも受けている。テスターが何を気に入り、何が気に入らないのか、そしてその理由も理解するようにしている。


トレンドと改善点

・フルフェースウェッジの認知度がさらに増している。多くのメーカーがフルフェース、フルトゥデザインをウェッジのラインナップに採用しており、2022年『Most Wantedウェッジテスト』でも、少数だが対象となった

・ここ数年、日本のウェッジラインナップの勢いが増しており、少なくとも特に米国では注目されている。要チェックだ


2022年,ウェッジ,ランキング,ゴルフ,ゴルフクラブ,評価

テスターからのフィードバック

テスターからフィードバックを集めることはテストでは大切なことで、これによりみなさんにテストで得た見識を伝えることはできる。しかし、これらがテストの順位に影響を与えることはない。

・ウェッジは、職人にとって形状やデザインを表現する絶好のクラブと言える。テストを通して、次のウェッジはその「形状」と「デザイン」で高評価を得た。PXG「0311 Sugar Daddy II」、ピン「Glide 4.0」、タイトリスト「ボーケイSM9」、テーラーメイド「ミルドグラインド3」、Sub 70「JBフルグルーブ」、エジソン「フォージド」

・「打感」は非常に主観的だが、時にウェッジではそれが顕著となる。次のウェッジは「打感」で高評価を得た。ジューシー「tH」、ジューシー「tT」、PXG「0311 Sugar Daddy II」、PXG「0311 3Xフォージド」、エジソン「フォージド」、タイトリスト「ボーケイSM9」、Sub 70「JBフルグルーブ」、クリーブランド「CBX ZipCore」、クリーブランド「RTXフルフェース」、ピン「Glide 4.0」、テーラーメイド「ミルドグラインド3」


2022年,ウェッジ,ランキング,ゴルフ,ゴルフクラブ,評価

2022年『Most Wantedウェッジ』製品データ



全てのテストは、独自の自社データに絞っている。今年の『Most Wantedウェッジ』製品データはこちら。


2022年『Most Wantedウェッジ』データ <フルスイング>

モデル名ボール初速
(m/s)
打ち出し角
(度)
スピン量
(RPM)
高さ
(m)
落下角度
(度)
キャリー
(ヤード)
トータル飛距離
(ヤード)
ショット範囲
(平方ヤード)
ストロークス・
ゲインド
Argolf AR-F1834.7429.349,3516.7748.8290.9590.372340.006
Callaway JAWS Full Toe
Raw
35.4929.449,0856.7548.5593.9691.252670.010
Cleveland CBX ZipCore35.0229.449,0506.9449.2791.9891.25254-0.018
Cleveland RTX Full Face34.8329.758,9296.6148.3091.3190.14260-0.029
EDISON Forged Wedge35.2929.309,0416.8948.6593.4791.05273-0.008
Haywood Signature Wedge35.1529.00
9,0926.6748.1992.8691.39270-0.003
Honma T//World W2134.3329.009,4756.3548.0089.7888.89252-0.005
Jucie tH34.8029.228,9046.6048.0391.7690.68245-0.017
Jucie tT35.2528.789,0996.7148.3293.6491.54300-0.014
New Level SPN Forged35.3529.119,4586.7448.5592.8590.54268-0.002
PING Glide 4.034.9030.199,0306.8748.9991.1089.501990.033
Proto Concept ProtoC Forged35.0928.999,1256.6448.1992.4890.712640.013
PXG PXG 0311 Forged34.7229.559,0276.6748.4192.1290.351960.065
PXG PXG 0311 Sugar Daddy II35.2229.409,0776.9748.9993.0790.982350.040
Sub 70 JB Full Groove35.5929.009,4486.9348.6094.2692.14243-0.003
TaylorMade Milled Grind 334.7729.359,1966.6748.3191.0089.702490.036
Titleist Vokey SM935.1529.839,1966.8348.9592.6691.042480.009
Tommy Armour TA 845 CB34.5229.509,2356.7048.5191.1589.49229-0.109


2022年『Most Wantedウェッジ』データ <乾いた状態>

モデル名ボール初速
(m/s)
打ち出し角
(度)
スピン量
(RPM)
高さ
(m)
落下角度
(度)
キャリー
(ヤード)
トータル飛距離
(ヤード)
ショット範囲
(平方ヤード)
ストロークス・
ゲインド
Argolf AR-F1823.5129.127,0112.5938.1849.3050.011160.007
Callaway JAWS Full Toe
Raw
23.7329.606,7632.6838.1850.2250.771150.027
Cleveland CBX ZipCore23.4929.716,6562.7138.3649.6449.861070.014
Cleveland RTX Full Face23.4929.936,7692.7938.9149.9950.54122-0.027
EDISON Forged Wedge23.6029.146,6252.6838.0550.3151.35124-0.026
Haywood Signature Wedge23.3329.146,7392.6838.2949.2049.861090.026
Honma T//World W2123.3629.216,8892.6238.1548.9449.611300.004
Jucie tH23.4529.466,6242.6838.1049.3550.73129-0.029
Jucie tT23.4828.836,7562.5937.6749.6450.471150.007
New Level SPN Forged23.4229.216,8302.5938.1049.0550.291080.020
PING Glide 4.023.3330.246,4342.7538.8149.4650.19135-0.050
Proto Concept ProtoC Forged23.5528.676,7112.6037.4049.3050.61123-0.001
PXG PXG 0311 Forged23.3629.256,5962.6138.3049.2050.67139-0.015
PXG PXG 0311 Sugar Daddy II23.2028.776,5502.5737.8148.9150.08136-0.006
Sub 70 JB Full Groove23.3128.556,7222.5337.0348.5949.991240.012
TaylorMade Milled Grind 323.2929.196,7362.6437.5248.9049.651040.043
Titleist Vokey SM923.3329.416,8212.6238.2648.5249.621170.032
Tommy Armour TA 845 CB23.2028.796,7242.5936.9848.8149.69119-0.039


2022年『Most Wantedウェッジ』データ <濡れた状態>

モデル名ボール初速
(m/s)
打ち出し角
(度)
スピン量
(RPM)
高さ
(m)
落下角度
(度)
キャリー
(ヤード)
トータル飛距離
(ヤード)
ショット範囲
(平方ヤード)
ストロークス・
ゲインド
Argolf AR-F1822.9536.132,7993.3944.3949.4551.23120-0.052
Callaway JAWS Full Toe
Raw
23.5130.336,1402.8039.3749.7950.66104-0.008
Cleveland CBX ZipCore23.07
30.576,3862.7939.5248.1849.691120.000
Cleveland RTX Full Face23.3830.276,4872.7739.5449.6850.231050.030
EDISON Forged Wedge23.3330.056,1222.7438.7249.0049.761240.027
Haywood Signature Wedge22.93
35.402,3213.2943.2349.7951.24123-0.060
Honma T//World W2123.0530.756,0152.7739.8648.2249.531000.051
Jucie tH23.1529.696,4622.6738.2248.1949.26900.041
Jucie tT22.9831.415,0182.8039.8548.2549.99110-0.011
New Level SPN Forged23.07
32.754,6212.9740.9148.6050.40143-0.009
PING Glide 4.023.0029.726,6672.6338.6147.2948.94920.011
Proto Concept ProtoC Forged23.3429.646,2112.6938.7049.3250.041100.002
PXG PXG 0311 Forged23.2430.905,8252.8539.9349.3250.35122-0.025
PXG PXG 0311 Sugar Daddy II23.5730.286,3552.7638.7849.7849.991050.007
Sub 70 JB Full Groove22.8831.844,9162.8440.3247.7049.58121-0.008
TaylorMade Milled Grind 323.2730.286,3422.7138.7648.6049.261170.018
Titleist Vokey SM923.1830.436,3482.8039.2848.7549.75950.014
Tommy Armour TA 845 CB23.0232.595,0732.9041.1648.8049.88110-0.028


2022年『MOST WANTEDウェッジ』‐ FAQ

新しいウェッジの購入にあたり

Q:ウェッジを買い替える頻度はどのくらいが良いか?

A:ウェッジは、ゴルフコースで直面する様々な要素から損傷を受ける。タイトリストで実施されたテストによれば、「75ラウンド」程度で「溝の摩耗」がパフォーマンスに影響を与えるようだ。従って、自身のゴルフをしっかりチェックし、ウェッジを定期的に買い替えた方が良い。ツアープロなら年に数回ということになるはず。我々ならそこまでの頻度にならないだろうが、プレー回数が多いプレーヤーなら毎年ウェッジを交換することを検討すべきだろう。またウェッジのテクノロジー進化は革新的というわけではないので、「溝」を新品のようにしておくことは「安定性をキープする」最も容易な策の一つと言える。


Q:どのように自分のプレースタイルに合うウェッジを見つければ良いか?

A:自分に最適なウェッジを見つける方法は、プロのフィッティングを受けること。理想を言えば、屋外でのフィッティングが良い。もしプロのフィッティングを受けられないなら、今回のテストを参考にして試打するウェッジを絞り込むと良いだろう。また、なかなかチャンスはないだろうが、ウェッジでは様々なショットが必要なので、本来はバンカーなど様々なライの状況でフィッティングを受けることが望ましい。

自分でフィッティングをするなら、自らのプレースタイルを分析して、「番手間の距離のギャップ」が一定になるようにして欲しい。その上で、「入射角」や「ディボット(削り取られた芝)の大きさ」、良くプレーする状況をチェックし、ウェッジの「バウンス角」と「グラインド」を適切に選ぶべきだろう。地面が柔らかい場面でプレーすることが多ければ、「バウンスの大きいウェッジ」が有効。逆に硬いコンディションなら、ローバウンスのモデルを選ぶと良い。一般的にはミッドバウンスを選べば無難と言えるが、セッティングにあるウェッジに様々なバウンスオプションを混ぜることで、コース上のどんな状況にも対応できる多彩性が得られる。


Q:ウェッジを試打する時は何に注目すべきか?

A:ゴルファーはウェッジの「スピン量」以外のほとんどに目を向けないものだが、「(ローンチモニターの)細かい数字」や、「丸で囲まれた数字」にも注目すべきだろう。スピンが最も多いウェッジがベストウェッジというわけではない。「打ち出し角」や「スピン量」のような数値を比較するときは、必ず「標準偏差(ローンチモニターのスクリーン上では、これらの数値は大きな数字の下に表示される)」をチェックして欲しい。

数字が小さいほど「安定性」に優れているが、同様に楕円(小さな円)で表示される「バラつきの大きさ」も確認して欲しい。ウェッジでは、「安定性」の重要度を過小評価してはいけないのだ。ウェッジは「濡れた状態」でも「乾いた状態」でも同じようなパフォーマンスを発揮するのが理想。試打のプロセスで「濡れた状態」も入れるように勧めているのはそのためだ。


『MOST WANTED』-2022 ベストウェッジを決めるにあたり

Q:ウェッジを各テスターにフィットさせる方法は?

A:テストでは「フィット・フロム・ストック」というフィッティングプロセスを活用している。各テスターは、メーカー在庫(ストック)のウェッジを使用。エジソンのフォージドウェッジ(純正の55度)を除き、今回テストしたウェッジは、ロフトが「56度」となっている。また可能な場合は、シャフトの硬さをテスターに合わせるように変更している。弾道を改善できるように異なる標準シャフトが装着された複数のウェッジを送ってくれたメーカーもあった。


Q:2022年ベストウェッジ決定方法は?

A:順位を決めるにあたっては、フォーサイトの「GCクワッド」弾道計測機を使って主要データを収集。ウェッジテストでは、「100点満点の点数方式」を採用しており、ポイントは我々の測定方法における各パフォーマンスに基づいて付与される。各部門でトップのパフォーマンスの見せたウェッジには100得点を付与。スコアは3つの採点項目(スピン、正確性、一貫性)で集計され、ベストウェッジが決まる。


Q:「最もスピンがかかる」ウェッジの決定方法は?

A:「最もスピンがかかる」ウェッジを決めるために、フルショット時のスピン量だけでなく、ハーフショットや濡れた状態でのハーフショットなども考慮。また、全ての条件でどの程度スピン量に「一貫性」があるかも考慮している。


Q:「最も正確性のある」ウェッジの決定方法は?

A:「最も正確性のある」ウェッジはストロークス・ゲインドを重視して決める。


Q:「最も一貫性のある」ウェッジの決定方法は?

A:「最も一貫性のある」ウェッジは、全テストを通じて「キャリー」と「トータル飛距離」の値の標準偏差に基づいて決められる。今回は、「距離が最も安定しているウェッジ」を見つけることが目的であり、各ウェッジにはそれぞれのテストシナリオでポイントを付与。最も合計ポイント高いウェッジが「最も一貫性のある」ウェッジとなる。


Q:「見た目」や「打音」、「打感」などの主観的な要素は、どのくらいランキングに反映されるか?

A:まったく反映されない。我々のランキングは、「弾道計測モニター上のデータ」と「パフォーマンス測定項目」のみで決まる。



MYGOLFSPY

MYGOLFSPY

数多くのテスターと最新の計測企画を用いてテストを行い、ゴルフ用品の本当の価値と実力をデータによって明らかにする記事を提供するアメリカのゴルフメディアサイト。大手ゴルフ用品メーカーからの広告を一切もらうことがない為、中立的な立場でデータを示す事ができる数少ないメディアである。最近では、コストコのKirklandボールがタイトリストPro V1よりも優れているという記事を発表して、全米のコストコで大人気商品となり長期間欠品を招いた事件は全米ゴルフ業界に衝撃を与えた。





Share on Facebook Share on Twitter Share via Email