ゴルフ用品界には、MyGolfSpyの「Most Wantedテスト」 や「バイヤーズガイド」の対象にならない素晴らしいギアがたくさんある。

読者の皆さんも、このようなクラブの機能についてももっと知りたいはずだ。MyGolfSpyの『We Tried It』シリーズは、これらのクラブや用品が宣伝どおりの性能を発揮するかテストにかけ真実をお届けしようという企画だ。


テストしたクラブは?

テーラーメイド「MySpider X カスタムパター」とは、 「Spider Xマレット」のカスタマイズ版で、オンライン上で好みのパター作成できるプログラムだ。


カスタマイズに挑んだのは?

Dave Wolfe(デーヴ・ウォルフェ) –MyGolfSpyのライター兼パターマニア。これまでに数百(もしかしたら数千)というパターを試している。


「MY SPIDER X」のカスタム

カスタムパターといえば、ベティナルディのカスタムパタープログラムのように、個人に合わせたデザイン設計が可能なオプションを用意している会社もある。

他には、無数のオプションを備えたオンラインカスタマイズを行う会社もある。オンライン上でパターをデザインすることの利点は、デザインのサンプルをすぐに見ることができる点だ。

パターの実物画像をスクリーン上で見られるのは素晴らしいが、その画像が完成したパターとどう比較できるのか、いつも疑問に思う。

昨年、私は「Toulon Garageオンラインカスタマイズ」でマイパターを作り、作成したパターの期待値と現実について調査した。今回試したのは、テーラーメイド「MySpiderX」カスタムデザインだ。


「MYSPIDER X」 カスタマイズオプション

テーラーメイド,MySpider X,カスタム,パター,デザイン,ゴルフ,クラブ

パターカスタマイズにおいてオプションの数は、おそらく最も重要な要素だ。刻印(スタンプ)のオプションを増やしたところで、パターデザインを制覇したとは言えない。これを念頭に置いて、「MySpiderX」プログラムでカスタマイズの詳細を見ていこう。



オプション:「MYSPIDER X」

・ヘッド:Spider X

・利き手:右用と左用

・ネックオプション:3つ(レフティー用は2つ)

・True Pathアライメントオプション:2つ

・アライメントオプション:4つ

・ヘッドの色:16色

・ウェイトの色:11色

・フェイスインサートカラー:11色

・テーラーメイドバッジの色:11色

・ソールプレートの色:7色

・Spider Xバッジカラー:10色

・シャフト:KBSツアーCTパターシャフト

・グリップモデル:1モデル

・グリップカラー:14色

私の計算が正しければ、「MySpiderX」カスタマイズは、約1億5000万通り提供できることになる。


ホーゼルオプション

ホーゼルは、「シングルベンド」「スラント」「フローネック」の3つのオプションから選択できる。左利きの場合、「フローネック」オプションは利用できない。

これらのネックは、マレットのストロークに影響を与えるからだ。「シングルベンド」ネックのトゥハングを利用すると、従来のマレットのようにプレーできる。「フローネック」と「スラントネック」はトゥハングを増大し、マレットのスイングがよりブレードに近くなる。

「Spider Tour」と「Spider X」を使うツアープロは、「スラントネック」を好む傾向がある。

テーラーメイド,MySpider X,カスタム,パター,デザイン,ゴルフ,クラブ

アライメントには異なる2種類のデザインオプションがある。まず、「TruePathアライメント」が必要かどうかを決定する。

もちろん、この大きな白いラインを追加または削除することも選択の自由だ。「True Path」を決定したら、短めのラインにするか、1本のラインか、T字アライメントか、全くなしにするかを選択する。

次に、色が来る。自分のテーマに沿ってもいいし、カラフルにしても良い。ただし、カラー選択が少ない箇所もあるため、単色で揃えるには制限がかかる場合がある。

カスタマイズの最後は、長さを32〜36インチから1/4インチ刻みで選択する。最終的に、「SuperStroke GTR1.0」パターグリップ14色から1色を選ぶ。


デーヴの「MYSPIDER X」:「HELLO JOKER」

私の「MySpider X」カスタマイズの全体的な印象はというと、早くて簡単。欲しいものがわかっていれば、最初のクリックから5分以内で購入できる。

カスタマイズにあたり、デザイン上の疑問がふたつある。1つ目は、「TruePath」をデザインに入れるかどうか。

「Spider Tour」はしばらく愛用してきたが、「Spider X」はそれ程使っていないため、大きな白色のトップが役立つのか、邪魔になるのかをスクリーン上から判断するのは非常に困難だった。

最終的には、「Spider X」の重要な機能のようだったので採用することにした。

色を決めるのにも少し時間がかかった。全体の色を一致させたいなら、色のオプションが最も少ないソールプレートから始めることをお勧めする。

テーラーメイド,MySpider X,カスタム,パター,デザイン,ゴルフ,クラブ

オンラインカスタマイズ:注意点

デザインを進める上で疑問に思ったのは2点だけ。まず、最後のカラーオプションを表示するには、ボディカラーオプションの下にある小さな矢印をクリックする必要がある。

これは他のどのカラーメニューにもないため、矢印とライムグリーンカラーオプションを見逃す可能性がある。機能的であるものの、他のデザイン部分に反するのは、グリップのカラー選択だ。

他のすべてのカラーは色付きのボックスにて選択可能だが、グリップのカラー選択だけリストをスクロールする必要がある。

グリップは1種類のみ。したがって、「SuperStroke GTR 1.0」のファンでない場合は、注文後グリップを交換する必要がある。ライやロフト角の調整もオプションに含まれないため、地元のショップで行わなければならない。


テーマの完成

テーラーメイド,MySpider X,カスタム,パター,デザイン,ゴルフ,クラブ

「Joker」のテーマを決めた瞬間、オリジナルの「MySpiderX」ヘッドカバーは合わないことが分かった。ありがたいことに、「Pins and Aces Golf Co.」のジョーカーヘッドカバーに出会い、私のカスタマイズを完璧に締めくくってくれた。


満足度と価値

テーラーメイド,MySpider X,カスタム,パター,デザイン,ゴルフ,クラブ

感想はというと、自分の「MySpider X」に感激した。オンラインカスタマイズの実物画像は、私が受け取った実際のパターと同じものだった。

「MySpiderX」の価格は420ドル。ただし、ショップで標準「Spider X」の購入を検討している場合は、ぜひカスタムデザイン版「MySpiderX」をチェックしてほしい。

「Spider X」の小売価格は349.99ドルのため、350ドルを確保している場合は、プラス70ドルで多くのオプションから好みのパターを作ることができる。


まとめ

テーラーメイド,MySpider X,カスタム,パター,デザイン,ゴルフ,クラブ

「MySpiderX」デザイン構築は素晴らしい機能だと思う。

ルックスや機能の両面で、何百万ものオプションがある。420ドルはパターにとって健全な値段だが、標準モデルに70ドルの追加料金で自分だけのパターが作れるのは更に魅力的だ。

また、「注文ボタン」を押してから、FedExがたった16日であなたの「MySpiderX」を配達してくれるのも嬉しい。


Shares 0