テーラーメイドから人気パターモデルSpider(スパイダー)の新作「Spider FCG」が発表された。

今回発表された新マレットパター「FCG」は、確かに従来の「スパイダー」のDNAを受け継ぐが、より進化した派生モデルとしてカテゴライズされる。

複数素材構造や「トゥルー・ロール・インサート」などの“クラシックスパイダー”の従来の特徴は健在だが、「Spider FCG」がこれまでのモデルとは異なるカテゴリーに分類されることは明らかだ。


重心を前方へ

テーラーメイド,新作,パター,SPIDER FCG,ゴルフ,クラブ

「Spider FCG」の最も重要な設計変更は、その名前が示唆している。「FCG」は、『Forward Center of Gravity』(重心を前方へ)の略だ。

「Spider」デザインやマレットパターのデザイン全般に馴染みのある人は、「FCG」が従来の設計からの脱却を図ったことが一目で分かるはずだ。

典型的なマレットのデザインは、重心が後方および外側に配置されている。これによりMOI(慣性モーメント)が向上し、最終的には重心がパターの後ろ側に向かう。

これが、マレットとブレードパターの最大の違いの1つだ。全体的なヘッド重量の配分の違いによって、ブレードにはブレードの、マレットにはマレット独自の打感がある。

ウェイトがフェースにある場合(ブレード)、もしくはフェースの数インチ背後にある場合(マレット)、それぞれのパターでは違った打感を得ることになる。

ところで、マレットから大部分のウェイトを前方に押し出した場合どうなるだろうか?



ブレードのようなマレット

テーラーメイド,新作,パター,SPIDER FCG,ゴルフ,クラブ

「Spider FCG」では、ウェイト配分をこれまでと真逆にした。私のお気に入りであるパープルの「Spider Tour」のような伝統的なスパイダーは、スチールの外骨格周辺へのウェイト配置や、後方のコーナーに設置されたウェイトが特徴的だった。

一方、「Spider FCG」では、ウェイトの大部分を前面に移動させた。

ということは、「Spider FCG」はブレードパターと同じウェイト配分ということか?答えは、イエスだ。これこそが、このパターの肝なのだ。

ブレードパター愛用者にもっと「やさしい」マレットパターを使ってもらおうというのが、ここ数年のパターサイクルのテーマだったし、決してテーラーメイドだけではない全てのパターメーカーの目指すところだった。

オデッセイは、マレットに『スラントネック』オプションを提供することにより、マレットファンを増やそうとしてきた。

多くの人は、これをテーラーメイド「Spider Tour」によって沸き起こったマレットブームに対抗する作戦として捉えている。きっかけは何であれ、多くのゴルファーがマレットに突き動かされた。

多くのトッププロが、「スラントネック」のスパイダーを使っている(もしくは使っていた)。ローリー・マキロイは「Spider X」、ジェイソン・デイは赤と黒の「Spider Tour」を愛用している。

ダスティン・ジョンソンは、「Truss」で試合に勝ったにもかかわらず、パターを「Spider」に戻した。正直なところ、彼の決断には驚いた。もしかしたら、彼が髭を剃った時は判断を誤ったサインなのかもしれないとすら思った。

私はツアープロではないが、通常特定のパターで勝利を挙げた場合、それを使い続けるのが賢明な判断だと思うのだが…。

とにかく、「Spider Tour」はマレットを有名にし、さらにトッププロの中での認知度も上げたパターだ。


異なる「Spider FCG」と「Spider Tour」

テーラーメイド,新作,パター,SPIDER FCG,ゴルフ,クラブ

私が「Spider FCG」デザインで最も興味深いと思ったのは、それが前モデルの「Spider」を単に微調整したパターではない点だ。

テーラーメイドは、前「Tour」モデルのエッジを動かし、“2.0バージョン”をリリースすることもできたはずだ。しかし、彼らは重心を前方に設計するという取り組みを行った

「Spider」の典型ともいえる複数素材による構成を見ると、すべてのウェイトがどのように前に押し出されたのか簡単に分かる。

ウェイトプラグは前方に配置。調整可能ウェイトも前方に配置。ウェイトをフェースの前面に移動させるのに役立つ、銅(Cu29)でできた「ピュア・ロールインサート」も前方に搭載されている。

このウェイトシフトは、「Spider FCG」にブレードと同じような重心を与えることにより、ブレードのような打感を生み出すことを目的としている。

テーラーメイド,新作,パター,SPIDER FCG,ゴルフ,クラブ

「Spider FCG」には3つのネックオプションがあり、各自のストロークに合うパターが選択できる。

すでにマレットを使用している人は、最小限の『シングルベンドネック』を選ぶと良い。短い『スラントネック』と『Lネックのオプション』は、マレットを試してみたい「アークストローク」のブレードパター使用者に適している。


では、なぜマレットにするのか?

とても興味深い質問だ。「FCG」モデルのデザイン改良のすべての目的が“ブレード”のようにすることなら、いっそ”ブレード“にしたらどうか?

事実テーラーメイドは過去にスパイダーのブレード版「Spider Blade」を作ったことがある。ブレードパターを別のカテゴリーとして保持するメリットは、「Spider FCG」ではよりブレードに近い打感を得ながら、マレットの形状と特性をそのままキープできることだ。

ウェイトの3分の2は前方に移動できるが、それでも残りの3分の1を後方に維持することが可能になる。この「FCG」の後部ウェイトによって、従来のブレードパターよりも『MOI』と『やさしさ』が向上する。

テーラーメイド,新作,パター,SPIDER FCG,ゴルフ,クラブ

さらに、マレット特有の大きな“顔”を保持することで、視覚的により明確なアライメントデザインを「Spider FCG」に組み込むことができる。

『T-Sightline True Path™』アライメントデザインをブレードパターに組み込むことはできない。巨大 T字アライメントは、ブレードパターのキャビティーには収まらないからね。それに、アドレス時にマレットの顔を見下ろすのが好きな人が少なからず存在するはずだ。

私の考えでは、「Spider FCG」の目的は、従来のマレットプレイヤーを遠ざけることなく、ブレードからマレットへ乗り変えようとしているゴルファーを獲得することだ。


「SPIDER FCG」のデザインに火がつくか?

テーラーメイド,新作,パター,SPIDER FCG,ゴルフ,クラブ

その答えは、「FCG」モデルが9月4日に発売されたら明らかになるだろう。

すでに「Spider」パターを愛用する人が「FCG」モデルをどう感じるか、ブレード愛用者にも意見を聞いてみたいと思う。「Spider FCG」はブレードパターと同じくらい快適か?

少なくとも従来のウェイト配置のマレットパターよりも快適か?マレット愛用者は、ブレードの打感のマレットのルックスをどう思うか?うまく機能するか、それとも違和感があるか?

Most Wantedマレットテストでのクリーブランド「Frontline」パターのパフォーマンスを見ると、「Spider FCG」がどれくらいニッチなパターか分かるかもしれない。

2020年のマレットパターテストでは、クリーブランドのパターは全体の真ん中くらいの成績だった。確かに、クリーブランドとテーラーメイドのウェイト前方設計は決して同じではない。

また、アライメントデザインとフェースも全く異なる。しかし、パフォーマンスの基本的な部分は簡単に理解いただけるだろう。「Spider FCG」が持つ独自のデザインがパッティングパフォーマンスにどのように影響をもたらすのか、非常に楽しみである。


Shares 0