約3年前、5ガロンの巨大マヨネーズを売っていた会社が4ピースキャストウレタンゴルフボールの販売を開始したのを覚えているだろうか?

ご存じの通り、「Costco(コストコ)」の話だ。そして今状況は急激に変化している。

以前MyGolfSpyが行った性能テストでは、コストコのブランドであるカークランドシグネチャーのツアーパフォーマンスボールが他のメジャーブランドに負けず劣らず好成績を残した。

価格重視のゴルファーには残念だったが、それから間もなく、このボールの在庫は底を尽きた。

何度か在庫が追加されたものの、Kirkland(カークランド)ロゴボールは瞬時に完売し幻のボールとなった。

それから3年経った2019年は、2度目の奇跡を起こそうと、4ピースウレタンボール「カークランドシグネチャー・パフォーマンスワン」でカムバックを果たした。

ボールの発売を皮切りに、チームコストコはゴルフ用品の販売に力を入れようとしている。カークランドシグネチャーパターとウェッジも、まもなく発売される予定だ。

しかし、この2度目のカークランドシグネチャー・パフォーマンスワンボールには、カバー品質に関する重大な問題が生じた。

コストコは新たに自社工場を構え、製造方法を一新したが、カバーに大きな問題を抱えることになった。結果的に、コストコ(正確には自社工場)の対応やカスタマーサービスは会社の評判を高めることになり、ゴルファーの信頼を取り戻すのはさほど難しくなさそうだ。

価格も間違いなく説得材料にはなるが、性能はさらに重要だ。

そこで、MyGolfSpyはコストコ新作ボールの性能(結果的に、回収・交換されるとしても)の調査を行った。



 

テストに関して

このテストの目的は、コストコの新作ボールカークランドシグネチャー・パフォーマンスワンの性能と特徴を調べることだ。

比較のため、前作4ピースウレタンボールのカークランドシグネチャー・ツアーパフォーマンスと、タイトリスト Pro V1(4ピース)をテストした。


 

テスト方法

・テスターに、カークランドシグネチャー・パフォーマンスワン (2019)・カークランドシグネチャー・ツアーパフォーマンス (2016)・タイトリスト Pro V1 (2019)を打ってもらう。

・ショットに使用したのは、ミズノT7 56度SW、テーラーメイド PSI Forged 6番アイアン、ピン G400 Maxドライバー。

・テストに参加したゴルファーのハンディキャップ1~15、ヘッドスピードは37~51 m/s。

・各クラブにつき、それぞれのテスターに10-12球の良いショットを打ってもらう(ボールとクラブはローテーションさせる)。

・完全なミスショットや、ターゲットラインから50ヤード以上外したボールは異常値を分析する前に省き、ショット数には含めなかった。

・残りの異常値は中央絶対値で明確化し、平均値を算出する前に除外する。

・ボールデータはトラックマン4ゴルフレーダーを使って記録した。

・テストは、Andrew Brewerの協力の元、Bayville Golf Clubで行った。


 

結果

ドライバーでのテスト結果

モデル名ボール
スピード
(m/s)
打ち出し
角度
(度)
スピン
(RPM)
キャリー
(ヤード)
トータル
(ヤード)
高さ
(フィート)
落下角度
(度)
中央線か
らの距離
(ヤード)
Kirkland Signature
Performance One(’19)
66.712.413,090238.71258.6732.3739.3115.82
Kirkland Signature
Tour Performance(’16)
66.312.602,682239.29262.8629.8436.5517.59
Titleist Pro V168.012.082,751245.57268.5331.1537.1416.16
 

アイアンでのテスト結果

モデル名ボール
スピード
(m/s)
打ち出し
角度
(度)
スピン
(RPM)
キャリー
(ヤード)
トータル
(ヤード)
高さ
(フィート)
落下角度
(度)
中央線か
らの距離
(ヤード)
Kirkland Signature
Performance One(’19)
52.315.116,345160.06169.1926.4443.239.34
Kirkland Signature
Tour Performance(’16)
51.916.135,745160.25170.5327.5143.3711.43
Titleist Pro V151.816.015,937159.87169.4427.0843.6111.26
 

ウェッジ(40ヤード)でのテスト結果

モデル名ボール
スピード
(m/s)
打ち出し
角度
(度)
スピン
(RPM)
キャリー
(ヤード)
トータル
(ヤード)
高さ
(フィート)
落下角度
(度)
中央線か
らの距離
(ヤード)
Kirkland Signature
Performance One(’19)
21.331.186,11241.9948.597.5437.993.15
Kirkland Signature
Tour Performance(’16)
21.032.705,47141.4948.387.9339.483.44
Titleist Pro V121.330.855,93741.6748.767.4637.523.63
 

ウェッジ(フルショット)でのテスト結果

モデル名ボール
スピード
(m/s)
打ち出し
角度
(度)
スピン
(RPM)
キャリー
(ヤード)
トータル
(ヤード)
高さ
(フィート)
落下角度
(度)
中央線か
らの距離
(ヤード)
Kirkland Signature
Performance One(’19)
33.930.478,36288.8492.0320.4947.156.78
Kirkland Signature
Tour Performance(’16)
33.533.237,33187.6191.0921.9449.617.20
Titleist Pro V134.528.988,59690.8694.5619.7345.836.41
 

考察

元祖シグネチャー・ツアーパフォーマンスボールとは異なるため、当然のごとく性能においても差異が見られた。

考察は以下のとおりだ。

・ドライバーでテストした場合、新作パフォーマンスワンのボールスピードは速かったが、スピン量に関してはツアーパフォーマンスより高いという結果となった。パフォーマンスワンは前作よりも優れているが、人気ブランドPro V1xと比較するとボールスピードは遅い。通常、スピン量が高すぎると飛距離のロスにつながる。

・同様のことが6番アイアンにも見られ、ボールスピードは3モデルのボールの中でも優れているが、スピン量は500rpmほど高くその差は大きい。

・56度SWでのフルショットでは、どのボールも似たような性能を示したが、Pro V1は両カークランドボールよりわずかに低い打ち出しが特徴であった。

・同じ56度SWで40ヤードのピッチショットを打ってもらったところ、その性能差はわずかだった。Pro V1xの打ち出しは最も低く、新パフォーマンスワンが最も高かった。



 

データ以外の考察

現代の技術において、直販ゴルフボールにメジャーブランドレベルの性能を求めるのは決して無謀なことではない。しかし、価格以外にも明らかな違いはいくつかある。

・カークランドボールが出した異常値の数は、明らかにPro V1xより多かったことから、各ボールの品質にばらつきがあり安定していないことが分かる。

・タイトリストやブリヂストンのような会社は、毎年の開発費用に数億円という予算をかけるが、USGAルールの元で改良するには限界がある。しかし、自社工場を持ち、一貫した製造・販売プロセスを行うメーカーの品質コントロールや最終商品の品質は非常に優れている。同じ箱に入っている1ダースのボールはすべて同じだろうか?1つ1つの品質の安定という観点は見逃されがちだが、非常に重要なポイントだ。

・パフォーマンスワンに関しては、重大なカバー破損が明らかになりすべてリコールという事態になった。今回のテストでも、実際他のボールと比べて耐久性に欠けていることは明らかだった。

・一般のゴルファーにはさほど重要ではないが、コストコは製造途中に委託工場とカバー製造技術を変えている(キャストからTPUに変更)。新たなカバー製造機に伴い、工場を変えたことが今回のカバー破損を招いたことは確かだ。

・どれくらい急速にこの問題を解決できるかは、改良された後のボール性能を確認することで明らかになるだろう。


 

結論

データから、パフォーマンスワンボールは、元祖ツアーパフォーマンスボールより「低い打ち出し」と「高スピン」が特徴だ。

テストで明らかになった平均ドライバースピン量3,000rpm以上というのは特に気になる。

ウェッジでは最大スピン量を求めるが、スピンが高ければ良いものではない。パフォーマンスワンはその限界を超えていると、私達は考える。

スピン量が平均以上であったとしても、パフォーマンスワンが完全に性能の劣ったボールではないことは強調しておこう。

高スピンだが、恐ろしいほどのスピン量でもない。フィッティングの観点からいうと、ツアーパフォーマンスより特定ターゲットに合うボールだ。

しかし、1ダース15ドルという業界最低価格を支持する人達が”フィッティングの観点”を優先するだろうか。おそらく価格メインだろう。

性能に問題がなくても、最初の出荷で品質に欠陥があったことは見過ごしてはいけない。多くの写真が物語っているように、カバーに起こった破損は容認できないものだ。

結論として、メジャーブランドと同じ性能のボールを製造することは可能だが、一貫した品質を保ち続けることは非常に難しく、それこそがブランドを差別化する要素になる。

今回のカークランド パフォーマンスワンボールはまさにいい例だ。

おそらく次の出荷では改良されていることが期待されるが、「品質コントロール」の代償は非常に大きく、ボールの価格をしのぐほどかもしれない。

ボール,テスト,2019年,カークランド,パフォーマンスワン,シグネチャー,ツアーパフォーマンス ,タイトリスト,ProV1 ボール,テスト,2019年,カークランド,パフォーマンスワン,シグネチャー,ツアーパフォーマンス ,タイトリスト,ProV1 ボール,テスト,2019年,カークランド,パフォーマンスワン,シグネチャー,ツアーパフォーマンス ,タイトリスト,ProV1 ボール,テスト,2019年,カークランド,パフォーマンスワン,シグネチャー,ツアーパフォーマンス ,タイトリスト,ProV1 ボール,テスト,2019年,カークランド,パフォーマンスワン,シグネチャー,ツアーパフォーマンス ,タイトリスト,ProV1


Shares 0