イーブンロールパターの2020モデルが発売される今シーズンは、店頭で多くの笑顔が見られるだろう。

こうした試練の時でも皆さんが健康でいていただければと願わずにはいられない。無事にゴルフコースに復帰する従業員や愛するゴルフを再開してくれる皆さんにも、きっと最高の笑顔が見られるはずだ。

「笑顔=スイートフェース」がイーブンロールパターのキャッチフレーズ?と思ったゴルファーもいるかもしれないが、「最もスイートなフェース」を持つパターのこと。

「スイート」だからと言って、このパターを舐めてはいけない。イーブンロールパターのスイートとは、味ではなくフィーリングのことだ。

完全なモデルチェンジとは程遠いが、今回、若干の変更が加えられたニューモデルは、みなさんが正に求めていたものが手に入るかもしれない。

では、ここからはゲーリン・ライフ氏がイーブンロールパターの2020年モデルに何を施したのか見ていこう。


 

イーブンロール 2020 ER 1.2B

イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B, イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,

ER1.2Bは、クラシックER 1.2ツアーブレードのブラックバージョンだ。伝統的なクランクネックのブレードタイプで、303ステンレススチールにCNCミルド加工が施されており、真っ黒なブラックアーマーフィニッシュが特徴。またトゥ部分にやや厚みがあり、ヒール部分が薄くなっている他、重心をフェースセンターに配置するためにホーゼル部分がくりぬかれている。



 

イーブンロール 2020 ER2CS

イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B, イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,

ER2CSが、2020年のイーブンロールパターのラインナップで復活した。センターシャフトでヒール・トゥウェイトのブレード形状となっているこのパターは、他のセンターシャフトモデル同様、重心を強調するためにヒールシャフトモデルで用いられている2ドットではなく、サイトラインを採用している。このトップサイトラインとブレード後部まで伸びている2つのサイトラインにより、ヒッティングエリアが絞られアラインメントが改善する。


 

イーブンロール2020 ER5CS

イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B, イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,

人気のER5ハッチバックも2020年のニューラインナップに加わっている。センターシャフトのER5CSは、ヘッド後方の中央部分が半円型にえぐられているマレットタイプ。ヒール・トゥウエイトで、非常にソリッドで安定感のあるパターに仕上がっている。スタンダードのER5と異なり、ER5CSは重心を強調するためにトップサイトラインが描かれているのも特徴。このトップサイトラインとブレード後部まで伸びている2つのサイトラインにより、ヒッティングエリアが絞られアラインメントが改善する。


 

イーブンロール2020 ER7B

イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B, イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,イーブンロール,パター,2020年,モデル,ER1.2B,ER2CS, ER5CS,ER7B,

フルサイズマレットのER7Bは、好評になっているER7のオールブラック版。後方周辺に重量配分されたフルマレットタイプのER7Bは、303ステンレススチールにCNCミルド加工が施されており、傷つきにくい真っ黒なブラックアーマーフィニッシュが特徴。ヒールからトゥにかけて対照的に重量が配分されているため、ストローク中の安定感が抜群だ。


 

スイートフェース・グルーブ

さて、これでお気に入りモデルを見つけることができたと思う。

もしイーブンロールの溝についてご存知なければ、下記のMyGolfSpyオーナーのアダム・ビーチとイーブンロールパターのオーナー兼デザイナーのゲーリン・ライフ氏との対談動画をご覧いただくことをおすすめする。


 
 

モデルとオプションはまだまだある

イーブンロールパターの2020年ラインナップは、今回ご紹介した4つを含めて18モデルとなり、伝統的なブレードタイプから驚異の高MOIマレットまで揃っている。

カラーリングやネック形状がイーブンロールのモデル数増の要因とも言えるが、それでもイーブンロールパターは選択肢が豊富だと思う。

皆さんが体験したいのはどのモデルだろうか?ベントネックをすごく見たい気持ちもあるが、私はER1.2Bがお気に入りだ。

そしてどのモデルが良いか選べないという方には、ここでちょっとお知らせがある。

MyGolfSpy Most Wantedブレードパターの結果が近日公開予定だ!テストはすでに終わっているので、この記事を読んでいる間に結果も出ることだろう。

注目の結果は来週のお楽しみに。


Shares 0