あなたがもし中級プレーヤー向けのアイアンを使っていて、中級プレーヤー向けのウェッジを使っていないなら、あなたは間違っている、とクリーブランドが教えてくれた。

組み合わせ違い。単純でシンプルだ。

 

次回コースに出る機会があればキャディーバックの中を覗いて見てほしい。どんな種類のアイアンが入っているだろうか?大抵の場合、大きく、軽くて、キャビティバック構造、周辺部分にウェイトを置いた中級プレーヤー向けアイアンではないだろうか。クリーブランドによると、84%のゴルファーが中級プレーヤー向けのクラブをバックに入れている、と言う。

それから、ウェッジを確認してほしい。ボーケイ? クリーブランドRTX? それとも、アイアンセット付随のセットウェッジ一式が入っている?

84%のゴルファーが同じようなアイアンを持っていて、その全員が間違ったクラブを選んでいる。

そして、それには解決策があると、クリーブランドは述べている。

Cleveland CBX Wedge - 26-0763

CBXに会う

“ブレードタイプのウェッジは、中級ゴルファーには意味をなさない。なぜなら、それはとても重く、形状も違う。中級プレーヤー向けアイアンが持つ特徴を何一つ持ち合わせていない” とクリーブランドの副社長John Raeや開発部門は言う。

クリーブランドによると、アイアンセット付随のセットウェッジはあまり良くないとのことだ。

“これらのウェッジには、高度な技術な溝の設計もなければ、フェイスの凹凸もない。正直な話、製造業者によるソールデザインに対する特別な想いもほとんどない。ほとんど場合、セットウェッジは、セットの最後に充てがわれているだけだ。ピッチングウェッジは、基本的に10番アイアンで、ギャップウェッジは11番アイアンのはずだ。彼らが造っているのは、4番と7番、それにピッチングウェッジで、それ以外のロフトは他から加えるだけだ。”とRaeは言う。

Cleveland CBX Wedge - 24-0747

あなたが中級プレーヤーの場合、いつも使っているクラブはあまりやさしくなく(打ちやすくない)、アイアンにも合っていないブレードウェッジか、ウェッジに必要不可欠な機能が搭載されていないセットウェッジのどちらかではないだろうか。

クリーブランドが提案する解決策はCBX、中級プレーヤー向けウェッジだ。

新しいウェッジでそんなクラブはないと嘆く前に、RTX-3 CBオプションを含む以前のキャビティバックウェッジを思い出して欲しい。

 

“一昔前を思い出すと、キャビティバックのラインナップは確かにあった。CG16, CG14, CG 11など・・・罠に落ちやすいのは、例えキャビティバックのウェッジを造っていたとしても、これらのウェッジは上級者向けに設計されている。ヘッドサイズは短く、ソール幅やクラブの重量は基本のブレードタイプとあまり変わらない。“ とクリーブランドのJone Raeは言う。

 

クリーブランドによると、CBXは本物の中級者向けウェッジを造るため、基礎から取り組み設計されている。ここで、興味深い技術的な話があるが、少し置いておいて、先にビジュアルを見てみよう。

Cleveland CBX Wedge - 6-0698

初めに気付くのが、周辺ウェイトを考慮した丁度良いサイズのキャビティであるということだ。また、基本のRTXやVokey、Mack Daddyに比べてヘッドが著しく大きくても、
ウェッジ自体はむしろ軽いことにも気づくだろう。ひっくり返してみると、ヒールから厚みがあり、トゥに向かうほどかなり分厚くなっていくのに気づくだろう。

まるで、シャベルのようだ。

Cleveland CBX Wedge - 17-0722

ハイテク物語

CBXウェッジにはクリーブランドのRTX-3で提供されているフィールバランシングテクノロジーや、Vソール、ローテックフェイスなど、いくつか共通した特徴がある。前に述べたように、CBXはVソールや周辺にウェイトを置くことで中級ゴルファー向けに仕上げている。

ソールは、ヒールからトゥにかけてかなり幅広くなっていて、この形状がブレードタイプのウェッジと比較して、柔軟なショットを生み出すことを阻んでいるとクリーブランドは言うが、中級ゴルファーにとってはターフを取る事ができるし、打ちやすさも実現してくれるクラブになるのではないか。

ウェッジの柔軟性を求めるハンディキャップの低いゴルファーや、フェイスを開いたショットや様々なショットを引き出せるゴルファーは、恐らくCBXのソールが好きでないか、必要としないだろう。ミドルハンディキャップゴルファーは、それ程オープンフェイスにせず、フルスクエアフェイスショットに頼るべきかもしれない、とRaeは助言している。

“幅広ソールは、中~高ハンディキャップゴルファーにはそれほどネガティブなことではない。彼らが頻繁に打つショットに対して力を発揮してくれるのは、とても素晴らしい。Vソールは、ヒール側にいけばいくほど幅が狭くなるが、それにより少しオープンフェイスになる。しかし、幅広ソールはオープンフェイスのフロップショットなどでは、力を発揮しない。実際には、ハイハンディキャッププレーヤーはそのようなショットには挑戦しないと思うが。”とクリーブランドゴルフのJone Raeは加えた。

また、改善されたVソールは、重量配分や、クリーブランド独自のフィールバランシングテクノロジーに貢献している。フィールバランシングテクノロジーとは、重心の中心をヒールから離し、フェイスの中心寄りに動かす頼もしい技術のことだ。

Cleveland CBX Wedge - 20-0736

“ウェッジデザインにおける根本的な欠点は、この大きくて長いホーゼルがあることだ。”とRaeは言う。“結果として、ヒール部分にウェイトがかかってしまうことになり、重心がヒール側に偏ってしまう。クリーブランドは重心をよりフェイスの中心に移動させる技術開発に力を入れ、昨年RTX-3の中で、フィールバランシングテクノロジーを紹介した(ボーケイやキャロウェイは、すでに同じ路線をいっていた)。それにより、CBXソール形状やキャビティバックによって、重心がほとんどど真ん中にくるようになった。

“重心をフェイスの中心にもってきても、少しでもヒール側やトゥ側で打ってしまったら、スピン量と飛距離の点で性能が少し落ちる。重心がヒール側にある場合、たとえヒールに向かって打ったとしても、通常のウェッジのようにスピン量と飛距離は得られる。しかし、トゥ側に向かって打った場合は、性能は随分落ちる。”

“これまでのウェッジは、フェイスの真ん中を打とうとしても、そこまで安定性がなかった。ほんの少しのミスでヒールやトゥ側で打った場合、それぞれ完全に異なる結果を生む。上級者はうまくそれに対応する傾向があるが、そうではない平均的ゴルファー、またはミドルハンディキャッププレーヤーに対して、CBXはその特徴あるフェイスを通して、未だかつて見たことのない最大の安定性を与えてくれる。”とJone Raeは強調する。

クリーブランド社内でCBXの試打を行った際、これまでのブレードタイプのウェッジに比べて、ヒールからトゥにかけて安定したボールスピードを示した。それは、まさにブレードウェッジやセットウェッジと比較して、安定して打ちやすいクラブという意味だ。

スピン量で言えば、CBXウェッジとクリーブランドRTX-3では、あまり違いは見られないだろう。CBXは、溝(グルーブ)や、マイクロミーリング、レーザーミーリングの特徴がクリーブランドRotexのフェイスに似ている。シャフトは標準Dynamic Goldと同じパターン、フレックスやしなりを持つが、中級プレーヤー向けのアイアンに、よりフィットするよう軽めの仕上がりのDynamic Golf 115を使っている。中級プレーヤー向けアイアンに使われる90-100グラムのシャフトから、ウェッジ用の130グラムシャフトに、重量の変化はそれほどないはずだ。

 

Cleveland CBX Wedge - 5-0696

CBXのホーゼルは、テーパーティップホーゼルで、理論上どんなシャフトでも装着することが可能だ。クリーブランドではカスタムオーダーも受け付けているが、このラインのターゲット層はあまり興味がないだろう。更に、シャフトが重ければ重い程、クラブの特徴が活かせなくなるだろう。“とRaeは言う。

お気づきだとは思うが、CBXにはバウンス角オプションが備わっていない。それは、ターゲット層にとって、分かり易くするために意図的にそうしている。

“CBXの仕上がりもバウンス角もオプションは一つ、ミドルバウンスだ。クリーブランドとしては、平均的ゴルファーがクラブを選ぶ際に、迷ってセットウェッジやブレードウェッジを選んでしまわないよう、難しいプロセスは極力省き、混乱させないようにしたい。”とRaeは加えた。

CBXは誰のためか?

CBXは中級プレーヤー向けアイアンセットに合うような、高性能ウェッジとして設計されている。ゴルフ界はそれを受け入れる準備ができているか?クリーブランド(もしくは他のメーカー)はすでにハンディキャップが多いゴルファー向けにスマートソールウェッジを提供しているが、ミドルハンディキャップ層は本当にCBXを求めているのか?

“CBXは大きな売上になるはずだが、売れないとすれば、その理由はゴルファーにあるはずだ。キャビティバックウェッジの必要性をゴルファーに浸透させるには、何世代もかかると思う。”とRaeは続けた。

 

Cleveland CBX Wedge - 19-0732

CBXはハンディキャップが8-10、高くで20のレンジのゴルファーをターゲットにしている、とクリーブランドは言う。CBXをクラブセットに組み込む方法は、あなたのハンディキャップが何であるかによって異なる。

“初級、中級プレーヤー向けアイアンを使うハンディキャップが低いゴルファーは、ランニングアプローチに使い続けてきたピッチングウェッジを変えるかもしれない。CBXは、より改善されたソールに加え、スピン量と操作性を増してくれる。彼らは、手持ちのギャップウェッジからCBXのどれかに交換するかもしれないが、技術がありCBXを様々な場面で使いこなしたい場合は、ブレード型サンドウェッジやロブウェッジは手放さない方がいい。”とクリーブランドは助言している。

CBXの試打時には、いくつかの発見があった。フルショットでは、宣伝通りのやさしさがあり、打ちやすく、ブレードタイプに比べて飛距離は一貫して安定する。幅広ソールにより、ボールをしっかり捉え、容易に下の部分で打つことが可能になる。しかし、欠点と言えば、必要な時にフェイスを開く能力に限りがあるということだ。とはいえ、ウェッジは元々フェイスを開くためには設計されていないのだが。

グリーン周りで毎回ダフりを繰り返すゴルファーや、ホール方向に正確にボールを打ちたい人なら、CBXとは仲良くできるかもしれない。もっとスキルがあり、高スピンで少ない転がり、もしくはその間でショートゲームが構成できるような創造性のあるプレーヤーには、CBXでは少し限定的だと感じるかもしれない。

 

Cleveland CBX Wedge - 21-0737

CBXウェッジの開発により、クリーブランド社はRTX-3が合う上級プレーヤーから高ハンディキャップ向けのSmart Sole(スマート ソール)まで、ショートゲーム向けクラブの幅をさらに広げた。つまり、CBXは、84%もの多くのゴルファーが存在するゾーンにいる。

大手のメーカーは、可能な限り中級向け技術を詰め込んだクラブをコンスタントにデザインしようとしている。そこでクリーブランドが直面すべき課題は、ウェッジのあるべき姿に対する既成概念にある。視覚的な親しみやすさは、安心感につながる。見た目の安心感がなければ、どんなに性能が良くてもそのクラブを購入しようとは思わない。

 

Cleveland CBX Wedge - 13-0712

価格と販売予定

クリーブランドのCBXウェッジは、男性・女性モデル両方を展開している。男性用ウェッジは、46-60°の範囲で2°刻みの8つのロフト角を提供しており、対応するシャフトはスチールのDynamic Gold115とカーボンの90グラムRotexウェッジシャフトを備えている。グリップは、クリーブランド製Lamkin BlueCapが標準装備だ。

女性用48-60°の7つのロフトとクリーブランド製Women’s Action Ultralight50ウェッジシャフトとWomen’s CBXグリップが標準装備されている。

希望小売価格は、スチールシャフトで$129.99、カーボンシャフトで$139.99である。先行販売は8月28日に開始予定で、店頭販売は9月15日になる見込みだ。

 

Shares 0