「白くて、丸くて、ピタッと止まる」

これは、プレミアムボール市場が目指すところではない。少なくとも、テーラーメイドのゴルフボール部門カテゴリー・ディレクターのマイク・フォックス氏の話によると、そうではない。

今後ゴルフボールは、フィードバックを反映した「目に見える技術」と、(建前上)性能の向上に重きを置くことになるだろう。

テーラーメイドは、インディアナ大学と共同でゴルフボールに視覚化技術を用いる最善の方法を突き止め、TP5 Pix(ピクセル化を意味するpixelatedの短縮形)という最適解にたどり着いた。

基本的に、TP5 Pixは、現在販売されているTP5と同じ5層構造だが、特徴は等間隔に並ぶ赤と黄色の12個のX字型ロゴだ。どうでもいいことだが、「TP5ニンジャ・スター」という名のほうが合う気がする。

テーラーメイド,TP5,Pix,ボール,ゴルフ



テーラーメイドによると、Pix技術の主なメリットは、グリーン上やグリーン周りでのボールの回転速度や回転方向などが見やすくなることだ。

人間の目は、明るいときは暗い色のほうが認識しやすく、逆もまたしかりだという。赤と黄色を採用したのはそのためだ、とテーラーメイドは説明する。

もう一つ触れておくべきことがある。

テーラーメイドは18ヵ月を費やし、TP5側面のスタンプやテーラーメイドのロゴと同様、印字した文字が剥離しにくい方法で「X」をプリントする専用マシンを開発したことだ。

つまり、テーラーメイドは何年も前からこの課題に取り組んでいた(少なくとも検討していた)ことになる。

テーラーメイド,TP5,Pix,ボール,ゴルフ

ここまで知ると、熱狂的なゴルフ愛好家でなくともPixとキャロウェイのTruvisボールのマーキング法や製法は特許で固められているはずとの類似性に気づくだろう。

「イミテーション」と「インスピレーション」の差は微妙であり、特許を無断使用しているとは言い切れないが、キャロウェイがこの新製品を精査することはまず間違いない。

今回の新製品は、フォーラムでさまざまな物議を醸すだろう。

線や色、模様は技術的進歩と言えるだろうか。もしそうなら、その目的は何だろうか。

これによって、ツアーでプロたちが視覚化技術を用いた道具を使用するのを目にする機会が増えるだろうか。それとも、この技術は小売用の目新しい商品として普及していくのだろうか。

みなさんは、どう思うだろうか。

 

販売と価格について

テーラーメイドのTP5 Pixの発売は3月22日で、小売価格は1ダース45ドル。ちなみに、今のところTP5x Pixに関する情報は出ていない。


Shares 0