新しく進化したタイトリストのAVXは、ボールの新作発表でゴルファーが期待することが全て詰まっている。

飛距離に加えグリーン周りのスピン量もアップしており、AVXを使うゴルファーがボールに求めることを実現している。


 

これまでのAVX

前モデルのAVXは、タイトリストが作らなければならなかったボールと言って良いだろう。

安い2ピースボールが、柔らかさ第一になってもそれ自体は問題ではなく、キャロウェイのクロムソフトの人気が急上昇したことで、タイトリストはクロムソフトに対抗するボールを打ち出す必要があると感じていたのだ。

私も不本意ながらそう思っていた。

さらに良いソフトなボールを作るというのは最低ライン。それも、性能と品質で競合に勝りつつも、好みでボールを決めるゴルファーにもアピールできるボール。つまりタイトリストじゃないとダメだったというわけだ。

結果として生まれたのが『AVX』。タイトリストの3つあるプレミアムボールの中で、一番ソフトで一番スピンがかかる。

タイトリスト,AVX,ボール,ゴルフ
 

AVXの適合は?

メーカーの数あるラインナップの中で好きなボールがどこに当てはまるのかは、いつだって難しい問題となっているが、タイトリストではここ数年の紆余曲折を経て、それをシンプル且つ明快にした。

比較してみると、Pro V1xは高打ち出しで高スピン、Pro V1は中打ち出しで中スピン、AVXは低打ち出しで低スピンとなっている。

参考までに、昨年発売されたLeft Dash Pro V1xは、通常のPro V1xのように高打ち出しだが、スピン量はPro V1とAVXの中間くらいだ。

AVXで興味深いことは、クロムソフトの対抗馬となるものの、タイトリストがそのフィーリングについてほとんど触れていないことにある。

AVXが柔らかくないということはない(実際ソフトだ)が、常に話題となるのは、競合他社の同等コンプレッションボールに対して(タイトリストは性能面で圧倒的に優れていると確信している。)どのように同社ボールラインナップの性能差を埋めるのか?ということだ。

AVXは、Pro V1とPro V1xの代わりとなるボールとして、両モデルを使ったことがないタイトリストユーザーに向けて誕生した。もし他ブランドから鞍替えするような人がいるなら、尚更良しというわけだ。

タイトリスト,AVX,ボール,ゴルフ  

何が新しく良くなったのか?

自社ファンが好む製品を製造する「ブランド」同様、製品改良は絶妙なバランスをとることが肝だ。タイトリストは、ややスピードが出て、アイアンでの性能を変えることなくグリーン周りでのスピン量が増えるボールをAVXで実現しようとした。

同時に、ボールのアイデンティティ(ユーザーがそのボールを使う理由)も損なわない必要があった。つまり、それはAVXの低スピン性能と、当然ながらソフトなフィーリングもキープするということだ。

今回は特別に新しいことがあるというわけではない。AVXはコアが見直され、コアそのものがやや大きくなっている。これによりアウターレイヤーが薄くなり、より柔軟性が増すようになっている。

結果としてティーショットではコンプレッションが変わることなく飛距離が出てスピンを減らすことに成功、タイトリストによるとAVXは、打感もソフトになっているという。

また、AVX専用にデザインされた薄いカバーについてもお伝えしておく。これにより、低弾道とあらゆるゴルファーが求めているグリーン周りでのスピンを実現した。

ロボットテストでは、2〜3ヤードの飛距離アップに成功したとのこと。大した数字ではないが、感じ方は人それぞれであり、これでも凄くアップしたというユーザーもいるだろう。

タイトリスト,AVX,ボール,ゴルフ


 

AVXのターゲットユーザーは?

通常「ブランド」が、最終的に一番売れそうなところに製品をポジショニングするのは当たり前だ。そう考えると、AVXが性能重視で商品を選ぶゴルファーに向けてデザインされていることは当たり前と言える。

とはいえ、はっきり言うと、多くの場合そうしたゴルファーは、性能よりも、そこまで大切ではないフィーリングやカラーの方を優先する。

ここで最終的な判断はしない。タイトリストのソフトフィーリングなボールが欲しいなら、AVXを試してみれば良いだろう。

AVXの性能特性を感じないゴルファーはいない、ということを言っているわけではない。

タイトリスト,AVX,ボール,ゴルフ

いかなるフィッティングにおいても、例外は常に存在するもので、パフォーマンスだけで見れば理想的なAVXのターゲット層は、フィッティングの正規分布図で言うと少数派に属するようなゴルファーとなる。

例えばスイングスピードの遅いゴルファーは、アイアンでの飛距離は伸びる一方で、ローコンプレッションボールでは飛距離が若干落ちるだけ。

ぶっちゃけるとAVXには、人によってはアイアンで打つと、打ち出しとスピンが低くなりすぎるというリスクが潜んでいる。

一方、スイングスピードが早くてスピン量も多いゴルファーは、ローコンプレッションなためドライバーでのスピードが少しだけ落ちるが、普段、スピンが3000 RPM以上になってしまう人にとっては、スピードの低下は低スピン化で相殺される。

ドライバー以外の番手で低スピンになることは、そうしたゴルファーにとっては理想的にもなり得るはずだ。

タイトリストでは、ゴルファーの殆どはPro V1かPro V1xにマッチするとしている。

しかし、ニッチなゴルファーやソフトな打感の高性能ボールを求めている人には、今回のAVXがおすすめなようだ。

タイトリスト,AVX,ボール,ゴルフ
 

カラー、価格、発売時期

タイトリストのニューAVXボールはホワイトと光沢イエローがラインナップ。価格は47.99ドルで既に発売されている。


Shares 0