キャロウェイの新作やXR、Apexの後続モデルが発表されるのを待つ間に、新しくリリースされるクラブを紹介したい。

キャロウェイはMD4 ウェッジのラインナップに、新しいオプションRAW(ノーメッキ)を追加すると発表した。単に「仕上げをしていないだけ」とも取れそうだが、さっそく本題に移ろう。

今回は機能について深く掘り下げるつもりはないが、忘れてしまった方のために簡単に説明しておく。新しいノーメッキモデルは、ロフトに合わせた溝(マイクログルーブ)、重心位置(CG)の移動、リーディングエッジ近くに配置されたNip-Itグルーブなど、MD4の特長をすべて満たしている。

新しい点は、「Xグラインド」がラインナップに追加されたことだ。Xグラインドには、54度、56度、58度、60度のロフトオプションがある。狭く高いバウンス(12度)、三日月型のソールデザイン、トゥ側を落とした形状が特徴だ。中~高程度のアタックアングルと、柔らかい芝に適している。

MD4 RAW ロフトの種類

Xグラインドの追加に加えて、MD4 Raw ウェッジは15種類のロフト/バウンスの組み合わせが可能だ。キャロウェイのサテンやブラック仕上げの数には及ばないが、一般ゴルファーのニーズを満たすのには十分だ。この種類の多さを、生かさない手はない。

MD4のロフト/グラインドコンビネーションは以下のとおりだ。

Sグラインド: 50°, 52°, 54°, 56°, 58°, 60°

Cグラインド: 54°, 56°, 58°, 60°, 62°

Xグラインド: 54°, 56°, 58°, 60°

RAW(ノーメッキ)仕上げは、ツアー気分を味わいたいゴルファーの目にとまるだろう。サテン、QPQ、DBMなどの仕上げと比べると、ノーメッキは摩耗や腐食が早いと思うが、光沢のない外観はツアープレーヤーからも支持されそうだ。

通常の検証ではないので何の立証もできないが、オーガスタの15ホールで、セルジオ・ガルシアのボールが5回もバウンスした後に池に落ちたことがあった。キャロウェイのMD4 ウェッジとクロムソフトXボールを使うと、驚異的なスピンを生み出すということなのだろう。ガルシアの場合は極端な例だろうが、スピンで苦労しているゴルファーたちを驚かせたことは確かだ。

キャロウェイは、ウェッジカテゴリーで売り上げNo.2のクリーブランドを追い抜くことを視野に、ゴルフシーズンの始まるタイミングを狙ってRAWオプションをリリースする。MD4は好評を博しており、オプションを追加することで勢いを増すことは確かだ。

価格と在庫状況

キャロウェイMack Daddy 4 ウェッジの小売価格は149.99ドル。2018年4月13日より小売店、キャロウェイゴルフにてカスタムオーダー開始。

詳細はキャロウェイゴルフを参考にしてほしい。

Shares 0