テーラーメイドのニュー・ツアーレスポンス&ソフトレスポンスボールを簡単に言うと、皆さんのためのボールということだ。

テーラーメイドがゴルファーに対してボールに求める特徴を聞いたところ、一番多かった答えが「自分用に開発されたボール」だったということで、このボールが生まれた。

ま、そりゃそうだろ。

1種類あるいは2種類のゴルフボールで全員が満足することなど不可能という前提に立つと、ここで相応しいのは、アマチュアやエンジョイゴルファーのリアルなゴルフにマッチする(そして安い)ボールということになる。

テーラーメイド,ツアーレスポンス,ボール

こうしたゴルファー層の大部分は、業界が「中程度のスイングスピード」と位置づけるゴルファーで構成されている。

ソフト(飛ばない)ボールは硬いボールよりもスピードが出ないが、スイングが遅いと、ローコンプレッションの飛距離に対する影響など、我々の不安定さの中ではほとんど関係ないのだ。



 

ツアーレスポンステクノロジー

テーラーメイド,ツアーレスポンス,ゴルフ,ボール

※上記画像内の説明

ローコンプレッション・ハイスプリングコア:ソフトなフィーリングと柔軟性を生み出す

100%キャストウレタンカバー:スピン量と耐久性アップを実現

スピードマントル & HFMq:エネルギー伝達効率がアップ

 

テーラーメイドは、今回のツアーレスポンスで、スピードアップを可能にするウルトラソフト・ZnO・フレックスコアを採用。

以前も触れたが、柔軟性をもたらす素材は全てが同じではなく、飛ばせるものとそうでないものがある。

タイトリストのニューAVXとキャロウェイのクロムソフトと同じように、

テーラーメイドによる情報では、今回のボールは“飛ぶソフトボール”のようだ。

テーラーメイドが、ソフトコアを硬めのアウターレイヤーでカバーしていることは他のボールと同じ。

テーラーメイドでは、勝手な名前がつかないようにこのレイヤーをスピードマントルと呼んでいる。

おそらくウルトラソフト・ZnO・フレックスコアとスピードマントルの組み合わせが、スピードアップを実現させているのだろう。

言わなくても良いのかも知れないが、この硬めのマントルは不可欠な素材。

ローコンプレッションコアを非常に硬いアウターレイヤーでカバーしないと、スピードが出ない(飛ばない)ボールとなってしまうのだ。

テーラーメイド,ツアーレスポンス,ゴルフ,ボール
 

ウレタンカバー

ここで重要なこと、そして実際のところテーラーメイドが差別化していることは、プロジェクト(a)(そしてTP5)同様、ツアーレスポンスにキャストウレタンカバーを採用したことだ。

テーラーメイドによれば、ゴルファーは自分のためにデザインされたボールを望んでいるようだが、我々がよく聞くことは、ゴルファーが求めているのはグリーン周りのスピン性能であり、廉価版のボールで使われているアイオノマーカバーでは実現できないことなのだ。

できるだけこれを簡単に言ってみよう。ウレタンは優れているということ。これ以外ない。

アイオノマーは安い分、性能的にアドバンテージはない。悪いが、そんなものなのだ。

どちらを選ぶかは、単に“価格”と“性能”のどちらを重視するかによるということだ。

テーラーメイド,ツアーレスポンス,ゴルフ,ボール
 

相場で言えばお手頃

テーラーメイドとしては、ゴルファーが35ドルという値付けからツアーレスポンスに価値を感じると考えているようだ。

ほとんどの主要メーカーがウレタンボールを45ドル以上に設定し、アイオノマーカバーのタイトリスト ツアーソフトとキャロウェイ ERCソフトがツアーレスポンスと同価格であることを考えると、テーラーメイドはこの分野において価値のある提案をしていると言えるだろう。

ツアーレスポンスはホワイトとイエローがラインナップ。発売日は2月28日となっている。


 

ソフトレスポンスボール

テーラーメイド,ソフトレスポンス,ゴルフ,ボール,

性能よりも価格重視という人向けにテーラーメイドがラインナップしたのが、ソフトレスポンスボールだ。

やわらかいコンプレッションと圧倒的な飛距離を実現するために誕生し、コンプレッション35のコアが特徴となっている。

余談だが、メーカーによるコンプレッション値には実際に比較できる数値がない。

メーカーによってはボールのコンプレッションだったり、コアのコンプレッション(普通はアピールするときに採用される)を採用することもあり、各社とも異なる器具で計測している。

いずれにしてもそれほど大切な数値とは言えないのだ。

テーラーメイド,ソフトレスポンス,ゴルフ,ボール,

※上記画像内の説明

ソフトなボールはスピードがでないと言ったのは誰だ?

飛距離を犠牲にすることなく極限のローコンプレッションを実現するためニュー・ソフトレスポンスボールは誕生した。


 

平均的ヘッドスピードのゴルファー向け

テーラーメイドでは、ボールを上げることが難しいスイングスピードの遅いゴルファー向けにソフトレスポンスをデザインした。そうしたゴルファーに対するこのボールの利点はディンプルにある。

同社のエクステンデッド・フライト・ディンプルパターンはシャローなU字型ディンプルが特徴で、これがスピン量の低減とボールを空中にキープさせていることに貢献している。

改めてとなるが、これがアイアンショットにおいて何を意味するか考えてみると良いだろう。

テーラーメイドのソフトレスポンスは、ホワイト、イエロー、マットレッドがラインナップしているが、マット仕上げはおすすめしない。

(特にレッドでの)見た目は良いが、基本的に濡れた状況だと一貫性に欠けるからだ。とは言っても、ソフトレスポンスはパフォーマンス重視で選ぶボールではないということは伝えておく。

ソフトレスポンスは2月28日から発売。価格は25ドルとなっている。

テーラーメイド,ツアーレスポンス,ソフトレスポンス,ゴルフ,ボール,価格,TP5,飛距離,カラーボール
 

ボール選びで気を付けること

スピードが出る(飛ぶ)ソフトボールが人気な一方で、どのボールがフィットするのかを覚えておくことが大切だ。

ソフトボールの低スピン特性で飛距離を補うことはできるものの、アイアンではスピンが少なくなることが問題となることもあるからだ。

スイングスピードが速くスピン量が多いプレーヤーにとっては、スピードが遅くなってもそれ以上にスピン軽減による飛距離アップが見込めるため、スピン量が少なくなるソフトボールが非常にマッチしている。

このようにスピン量が多いゴルファーのアイアンショットでは、十分なスピン量が確保出来ているからだ。


Shares 0