MyGolfSpyのミッションは、あなたのゴルフを改善すること。

ゴルファーにとって、スコアを良くするために必要となるアイアンの性能は何だろうか。飛距離、正確さ、コントロール性能、それともやさしさだろうか?
Mark Broadieが唱える「Stroke Gained」というメソッドは、これら全ての組み合わせが重要だという。そのために、前回の“Most Wanted Players Iron test”以来、私達は少々修正を行ってきた。これまでと同じバージニア州にあるMyGolfSpyのテストセンターを使用しているが、他にはない包括的で公平なテストを行うために、測定基準に関しては改善を進めてきた。もしあなたが2017年に新しいアイアンを探しているのなら、是非この記事を読んで参考にしていただきたい。

2017年アイアンランキングを決定するにあたり、ロング、ミドル、ショートアイアンそれぞれにStroke Gainedメソッドを採用した。以下の表にあるとおり、それぞれのアイアンでStroke Gainedの値を示すようにした。これまで同様に、独自の半径距離とショット範囲の計算法に沿って、標準的な計測器で測定している。

詳しくはテスト方法のページを参考にしてほしい。

TopDown

「中級者向けクラブ」の定義

今回テストの対象となったクラブは、上位10本のアイアンである。これらは、中級者向けのように見えたが、実際には幅広いハンディキャップのゴルファーに対応するクラブだった。今年初めにテストを行ったブレードタイプではないアイアンと類似した打ち出しの特徴が見られた一方で、よりやさしさが加わっていた。

このカテゴリーの対象ハンディキャップは、一桁台前半から15前後の範囲だ。クラブのデザインは、ミディアムサイズのヘッドであり、セット全体で飛距離とやさしさを最大限に生かすフルキャビティーを特徴としている。

QuadShot

高度な分析

データは重要である。適切な道具を選ぶ時なら尚更だ。私たちはゴルフの最大の課題の1つに取り組むために、膨大なデータを組み合わせてその答えを導き出している。

全てのテストは、バージニア州にある私たちのテストセンターで行われている。
テストの一貫性を保ち、不確定さを極力減らすために、テスト参加者全員がブリジストンB330-RCのゴルフボールを使用した。ボールデータにおいては、世界で最も信頼されている、Foresight Sportsの計測器を使って集計されている。またヘッドについてはForesight のHMTという機器からデータを収集した。
(上記の翻訳は、他のMost wantedシリーズと共通した文章。他と一貫させる必要あり)

・打数:5,821打
・サンプル数:255,728
・時間:60時間
・試験者:20人
・ハンディキャップの範囲:0〜16
・年齢範囲:23〜50
・ドライバーのヘッドスピード範囲:36〜53m/s
・テスト対象アイアン:各セットからショート、ミドル、ロングアイアンの3本

詳細は、テスト方法のページを参考にしてほしい。

 

結果とランキング

私達のランキングは会議室の中では生まれない。識者による投票もしない。計測器の値だけが唯一の判断材料だ。テストを実施するにあたり、標準的な測定項目(ボールスピード、打ち出し角度、スピン量、飛距離など)の計測を行った。

そのデータを使って、それぞれのクラブに対しStrokes Gained平均値を計算した。Strokes Gained値はPGAツアーデータから得ているため、アマチュアの平均値はマイナスを示すのが普通だ。重要なのは絶対値ではなく、むしろクラブ同士をどう比較するか、である。

 

2017 BEST GAME IMPROVEMENT IRONS

 

Top3

 

No1

2017 MOST WANTED GAME IMPROVEMENT IRON DATA

下の表で、2017 Most Wanted Game Improvement Iron Test (2017年中級者用アイアンテスト)から得たデータを見る事ができる。

<ロングアイアン>

 

<ミドルアイアン>

<ショートアイアン>

 

 

Shares 0